So-net無料ブログ作成

Better Business Summitを総括する [ブータン]

5月17、18日の両日、ティンプーでは、経済省が事務局を務める「より良い投資環境評議会(Better Business Council)」主催のサミットが開催された。「Better Business Summit」(適当な邦訳が思い付かない…)と題したサミットは、2014年3月に続く第2回の開催。

なんで間隔がこんなに開いたのか、なんでこの時期なのか、なんでサミット開催案内が2日前だったのか(ブータンあるあるだが)、いろんな疑問が湧いた。特に開会式のあった17日は、労働人材省はチャンリミタンで就職フェア(Job Fair)をやっていたし、経済省はサミットとは別途、インドとの通商協議をやっていた。労働大臣を兼務しているトブゲイ首相は開会式を終えるととっとと就職フェアに行ってしまい、同じく経済省事務次官も、評議会事務局長を兼ねている割にはすぐに通商協議の方に行ってしまった。なんでこんな慌ただしい時に開かれたのかは謎だ。

外国から招待されたパネリストも含めて50人ぐらいが登壇した。全部セッションを見たわけじゃないが、なかなか良いパネリストの人選はされていると感じた。問題はこの発表を誰がどのようにまとめるのかということだ。本来なら評議会事務局が行うべきものだが、ラップアップも行わずにだらっと終わってしまったので、サミットから何が得られたのか、誰も総括したようには思われない。全セッションに出たわけではない僕がそんなことをできる立場でもないが、新聞記事はセッションごとに報じられていたので、それをまとめて掲載してみる。

◇◇◇◇

Better Business Summit、ティンプーで始まる
Better Business Summit begins in Thimphu
Kuensel、2018年5月18日、Rinchen Zangmo 記者
http://www.kuenselonline.com/better-business-summit-begins-in-thimphu/

2018-5-18 Kuensel.jpg

この記事は、17日(木)午前の開会式と第1セッションの話を中心に報じられている。第1セッションのテーマは「ビジネスのGNH」。そう、昨年11月のGNH国際会議の冒頭、試作版としてリリースされた企業の幸福貢献度診断ツール「GNH of Business」のその後の進捗が聴ける絶好の機会だと期待して、僕はこのセッションのためにサミットに出た。当然、最初のパネリストであるダショー・カルマ・ウラのご発言に注目したのだが、残念ながら、ダショーはその前の開会式におけるプラヴィン・クリシュナ教授(ジョンズ・ホプキンス大学)の基調講演に対するコメントを中心にお話された。「GNH of Businessの概要紹介するのに持ち時間10分では足りない」と主催者にお小言をおっしゃった上で、即興でやられたお話。僕は概要は知っていたので、むしろこのツールがブータン政府の中でどれだけ認知されて、主流化が図られようとしているのかを知りたかったのだが、見事な肩透かしだった。

外国から招聘されたパネリストが3人おられた。うち2人はGNH国際会議にも来ていた有識者で、お話の内容にもデジャブ感があった。ビジネスと幸福貢献の話を始めると多分に観念的な話になってしまい、今の僕にはそんな話についていけるほどの英語リテラシーがないので悩ましい。2人とも、GNH of Businessを支持する内容だったと思う。もう1人はシンガポールから来られた富裕層向け金融アセットマネジメントを仕事にされている方で、富裕層の資産運用が利益追求だけではないという趣旨のお話をされていたと思う。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感