So-net無料ブログ作成

首都ゴミ問題への最近の取組み [ブータン]

市、効率的なゴミ収集を開始
Thromde begins efficient waste collection in Thimphu
Kuensel、2018年6月9日、Karma Cheki記者
http://www.kuenselonline.com/thromde-begins-efficient-waste-collection-in-thimphu/

【ポイント】
ティンプー市は、ゴミ収集車の運行スケジュールの信頼性向上、オフィス時間外でのゴミ回収、合同モニタリングを通じて、市中でのゴミ廃棄の削減に向けて動き出すことになった。

ゴミ収集車は、民間収集業者に18台あるが、スペアパーツが入手困難であることから、全ての車両がスケジュール通りに運行できる状態にない。スケジュール通りに回収に来ないことが市内でのゴミ廃棄につながっていると見た市は、市で所有する24台の収集車をバックアップに充て、民間業者の収集車に遅れが生じた時には市の収集車が出動できるようにするという。

また、市内オラカ、チャンザムト地区は、住民人口が多いため、朝9時前にゴミ収集を行うことが難しい。この2地区にモティタンを加えた3地区は、ゴミの不法投棄が特に目立つ地域であることから、日中のゴミ収集ではなく、住民がオフィスから帰宅する夕方以降にゴミ収集を行うよう、運行スケジュールを変更する。

また、市と民間収集業者は共同で、最低週1回、ゴミ投棄の実態を調査する。ゴミ問題に関する住民の声を聴き、また逆に住民に不法投棄の罰則規定の周知や、ゴミ分別の徹底について普及を図る。2012年の廃棄防止・廃棄物管理規則によれば、罰金は100ニュルタム(ポイ捨て、立ち小便、ドマを吐くことなど)から最高2万ニュルタム(禁止地域への不法投棄など)にまで及ぶ。

市はさらに、次期五カ年計画で、ドロップオフステーションの開設も予定。

続きを読む


タグ:ティンプー
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感