So-net無料ブログ作成

橋とトンネルに秘められた日本の土木 [仕事の小ネタ]

びっくり! すごい! 美しい! 「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク (じっぴコンパクト新書)

びっくり! すごい! 美しい! 「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク (じっぴコンパクト新書)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2017/01/27
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
地形を克服し、物流・移動を確保して国土の骨格を造り上げる橋とトンネル。海を渡る橋から街中の小さな橋、流動に「風穴を開けた」長大トンネルから歩行用の小さなトンネル、無数にあるそれらは一見、無骨で味気なく見えるけれど、視線を向けてみれば個性がそこここに散りばめられ、そこに造られた必然性や個々の事情も見えてくる。橋やトンネルの発展の歴史も、世界や日本の産業史とも強く関わっていて、とてもドラマチックなのだ。この1冊で、橋とトンネルの見え方が変わります!

あまり頻繁にブログ更新すると、僕の仕事にまだ余力があると思われる読者の方がいらっしゃるようで、まだまだ働かせる余地があると思われているのか、結構手厳しいお言葉をいただいて気が滅入っているところである。普通のブータンの職場と違い、僕は平均すると朝8時には出勤し、夕方も18時30分過ぎまではオフィスに残っている。それでも「まだできるはず」と一方的に思われるのは残念である。

と愚痴から始めたこの記事だが、実は読み始めたのは2週間近く前なのに、読み切るのに時間がかかった。単純に読んでいる時間がなかったからである。この本を今読み始めた理由もご想像にお任せするが、何で忙しかったのかもご想像にお任せする。これ以上は時間捻出できないというギリギリのところでダラダラと読み進め、読了日のターゲットを見事に外してしまった。悔いの残る読書の仕方だ。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ: