So-net無料ブログ作成

『町を住みこなす』 [持続可能な開発]

町を住みこなす――超高齢社会の居場所づくり (岩波新書)

町を住みこなす――超高齢社会の居場所づくり (岩波新書)

  • 作者: 大月 敏雄
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2017/07/29
  • メディア: 新書
内容紹介
人口減少社会における居住は、個人にも、地域にも、社会にも今や大問題。「一家族一住宅一敷地」という考え方はもはや古い。住宅に求めるものは、長い人生のステージに合わせて、さまざまに変遷していくことに注目。町の多様性をいかに担保していけるか。居場所づくりのユニークな事例を多数紹介し、これからの住まいのあり方を考える。

積読蔵書のクリアランスを久々に再開した。昨夜から今日にかけて、1冊読み切った。この本は昨年末に一時帰国した際に購入、一時期人口高齢化に関する書籍をやたらと読み漁っていた2006~07年頃のことを思い出し、ついつい衝動買いしてしまったものだ。

サブタイトルに「超高齢社会の居場所づくり」とあり、そこに惹かれて買ったものだが、実際に読み始めてみての印象はもっと都市計画に近く、20年後、30年後にどのような町であることが望ましいかを考えつつ、居住政策を誘導していかないといけないと説いている。キーワードは「35歳と生まれたて」で、短期的な利益を考えて住宅開発を進めると、世帯主が35歳前後で、小さな赤ちゃんがいる世帯がそこに集中し、そのコホートがそのまま20年後、30年後まで持ち上がり、子どもは成長して家を出てしまうと、高齢者ばかりのコミュニティが出来上がることが予想されるとしている。いわゆるニュータウンの高齢化の問題がそれである。

そこで著者が示しているもう1つのキーワードは「町の多様性」―――人口構成や世帯構成の多様性、建物の持つ機能や用途の多様性、家族間のやり取りの多様性、移住と定住の間にある地域への根付き方の多様性、地域に存在すべき「居場所」の多様性等を包含して、「町の多様性」という言葉でまとめている。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ: