So-net無料ブログ作成

『伝説の編集者 坂本一亀とその時代』 [読書日記]

伝説の編集者 坂本一亀とその時代 (河出文庫)

伝説の編集者 坂本一亀とその時代 (河出文庫)

  • 作者: 田邊園子
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/04/23
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
文芸誌「文藝」の復刊と新人発掘のための「文藝賞」創設に尽力し、気鋭の戦後派作家たちを次々と世に送り出した編集者・坂本一亀。青春時代に体験した戦争を激しく憎悪し、妥協なき精神で作家と文学に対峙した坂本が、戦後の日本に問うたものとは何だったのか?新しい文学の胎動に寄り添い、“戦後”という時代を作った編集者の類まれなる軌跡に迫る、評伝の決定版。

日本は7月16日は海の日で祭日だったらしいが、ブータンも同じくブッダ命日という祭日だった。何をやろうかと考え、結局、以前河出書房新社に勤めていた親友から薦めてもらった本をキンドルでダウンロードして読むことにした。

今から9年前、僕は坂本龍一『音楽は自由にする』の読書レビューをブログに書いた。余計な日記も書かれていたのだが、その本について、僕は「音楽の造詣もさることながら、坂本氏は大変な読書家でもあるということを知った。音楽の世界を深めるという意味でも、社会を広く知るという意味でも、小学生時代から読書家だったというのはプラスに貢献していると思う」という感想を述べている。

坂本龍一が小学生時代から読書家だったのは、家に多くの本があったからだ。誰が持ち込んだのかといえば、お父さんが河出書房の名物編集者だったからである。そう、本日ご紹介の1冊の主人公、坂本一亀のことである。

本書は、息子・坂本龍一からの依頼を受けて、父・坂本一亀の元部下である編集者が、各所に保管されてきた膨大な資料を紐解き、新鋭作家を発掘し、書き下ろしの孤独な作業に編集者として寄り添って作品を世に出し、戦後派作家を次々と世に送り出していった河出の名物編集者の評伝としてまとめたものである。この元部下も相当こき使われたようで、坂本一亀を全面肯定しているわけではなく、事実を淡々と述べ、坂本に言われたこと、言われて実際にとった行動などを並べている。評伝というのはこうやって書くのだというのを改めて確認できる1冊だ。

また、親友から聞いたところでは、河出書房新社にはこれらの作家の残したメモだの書簡だのゲラだのといった膨大な史料が保管されているようで、著者はそういうのも紐解いて、丁寧に資料を取り上げて評伝にまとめていっている。坂本一亀の評伝としてまとめられているが、坂本と交流があり、本書で搭乗する多くの戦後派作家がブレークするきっかけとなる作品が、どのように生まれてきたのか、その誕生秘話を知ることができる本でもある。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ: