So-net無料ブログ作成

「元」野党の存在感 [ブータン]

「主権、安全、自給自足が我が優先課題」調和党
Sovereignty, security and self-sufficiency our priorities: DPT
Kuensel、2018年7月30日、MB Subba記者
http://www.kuenselonline.com/sovereignty-security-and-self-sufficiency-our-priorities-dpt/
2018-7-30 Kuensel.jpg
【ポイント】
7月29日、ブータン調和党(DPT)は、王立経営学校(RIM)で党大会を開催。北ティンプー選挙区で擁立するリリー・ワンチュク候補を党副代表に選出することを決定。同候補は、元々ブータン大衆党(Druk Chirwang Tshogpa)党首だったが、政党登録が認められず、3月にDPTに合流。

DPT党大会では、全国47選挙区のうち、46の選挙区での擁立候補が紹介された。サムチ県ドプチェン・タディン選挙区の擁立候補は未定の状況。

ペマ・ギャムツォ党首は、同党の目的はブータンの主権確保と安全保障にあると宣言。2008年から13年まで政権与党の立場であった時代の実績、さらにトブゲイ政権時代に責任ある野党として、時に与党を支持、必要とあれば毅然たる反対表明により政策を阻止する行動をとったことを強調。ジグミ・ドルジ・ワンチュク国立レファラル病院(JDWNRH)の公社化を阻止した実績を例に挙げた。

また、同党首は貿易赤字の削減を課題として指摘。内陸国としてのブータンは岐路に立たされているとして、国の主権と安全保障を強化するため、自給自足を薦めることが重要だと述べた。「他国との関係強化は重要。とりわけ、対印関係は信頼と自信に基づき相互に恩恵のある形での強化を進めたい。」

ペマ・ギャムツォ党首の演説の後、演壇に立ったドルジ・ワンディ副代表は、具体的にブータンが直面する課題を列挙し、政権運営時の実績とトブゲイ政権下での実績を対比して、DPTの政権担当能力を訴えた。

続きを読む


タグ:選挙
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感