So-net無料ブログ作成

土地利用証明書と請負農業 [ブータン]

LUC利用のプロジェクト2件、タシガンで始まる
Two projects on land use certificate inaugurated in Trashigang
Kuensel、2018年7月30日、Younten Tshedup記者(タシガン県ルマン)
http://www.kuenselonline.com/two-projects-on-land-use-certificate-inaugurated-in-trashigang/
2018-7-30 Kuensel02.jpg
【ポイント】
7月29日、タシガン県ルマン、ヤンニェルの2ゲオッグ(郡)において、土地利用証明書(LUC)に基づく2つのプロジェクトの開始式典が開催された。38人の求職中の若者を傭上、請負農業による商業生産を目指す。LUCを用いたプロジェクトは、昨年、国王がルンツィ県で行った土地喜捨(キドゥ)の1コンポーネントとして始まったもの。

ルマンの場合は、ワムロン~サムドゥップジョンカル間の国道上のリサブ分岐点から3キロほど離れたケリという集落の、19エーカーの土地を活用する。海抜が1600~1800メートルあり、キヌアやアスパラガス、ソバ(スウィートバックウィート)、野菜生産等に向いている。

ケリ集落の若者1人、タンディン・ワンモさん(21歳)によれば、彼女はクラス10(日本の高1に相当)を終えた後、大学に進むことができずティンプーの警備会社で働いた。しかし、彼女は村に戻ってきて働きたかったので、村長からLUCについて聞かされた時は、これは自分が求めていたチャンスだと思ったという。

LUCプロジェクトの開始式典は、先週はタシヤンツェ県でも開催。今週以降はサムドゥップジョンカル県とペマガツェル県でも開催される予定。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感