So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『下町ロケット ヤタガラス』 [池井戸潤]

下町ロケット ヤタガラス

下町ロケット ヤタガラス

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/09/28
  • メディア: 単行本
内容紹介
2018年10月放映、ドラマ「下町ロケット」(TBS日曜劇場)新シリーズの原作小説『下町ロケット ゴースト』に連なる、「宇宙から大地」編、クライマックスへ――! 
社長・佃航平の閃きにより、トランスミッションの開発に乗り出した佃製作所。果たしてその挑戦はうまくいくのか――。
ベンチャー企業「ギアゴースト」や、ライバル企業「ダイダロス」との“戦い"の行方は――。
帝国重工の財前道生が立ち上げた新たなプロジェクトとは一体――。そして、実家の危機に直面した番頭・殿村直弘のその後は――。
大きな挫折を経験した者たちの熱き思いとプライドが大激突!
準天頂衛星「ヤタガラス」が導く、壮大な物語の結末や如何に!?
待望の国民的人気シリーズ第4弾!!

テレビドラマが始まる前に、原作は読み切ってしまおう―――ということで、出たばかりの続編、さっそく読み切った。テレビドラマを見ることはないが、ドラマのキャストを確認した上で、彼ら彼女らの姿をイメージしつつ、読み進めることができた。島津役はイモトアヤコか。まあ確かにそうかもな~。

ストーリーとしては面白い。佃製作所としては新規事業を軌道に乗せられるところまで持って行けたという点ではしっかりした成功譚になっている。池井戸作品の良さは勧善懲悪にあるので、帝国重工内の「悪」の部分や、佃製作所を辞めて実家の父のコメ作りを継いだ殿村に忍び寄る「悪」が、最後はお返しを喰らうところは溜飲を下げる。

池井戸潤が初めて描いた農業というのもいい。実はこの人工衛星と農業をつなげる発想には数年前に少しだけ関わったことがあり、多少予備知識があったので、『ゴースト』を読んでた頃から、『ヤタガラス』の展開が想像できていたところもあった。期待通りだったと思う。面白かった。

続きを読む


タグ:農業 ICT
nice!(4)  コメント(0)