So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ルナナの氷河湖が決壊すると… [ブータン]

ルナナからの氷河湖決壊洪水の高まる脅威
GLOF threat from Lunana looms large
BBS、2018年9月28日、Sherub Dorji通信員(ルナナ)
http://www.bbs.bt/news/?p=104277

2018-9-28 BBS01.jpg
《ルナナのテンチョ集落。遠方にテーブル状の地形が見られる》

【要約】
ルナナはブータンでも最北の地域の1つで、人がなかなか立ち入れない地域である。その地域で今大きな危機が始まろうとしている。氷河湖決壊洪水(GLOF)のリスクが日増しに大きくなってきている。ルナナ地区にはトルトルミ、ラプステン、ルゲ、ベツォという4つの湖があるが、うちトルトルミとラプステンはブータン国内でもGLOF発生リスクの高い25の湖の1つとされている。

トルトルミ湖は現在も形成中で、小さな池が氷河の溶解により徐々に湖へと変化してきている。そしてモレーンで隔てられたすぐ下方には、ラプステン湖が位置する。両湖を隔てるモレーン自体、深さ80メートルある氷の塊だが、その強度や安定性に、専門家は疑問を呈している。

2018-9-28 BBS02.jpg
《ラプステン湖。右側にあるのがモレーン・ダム》

国立水文気象センター(NCHM)関係者によると、モレーンは永久構造物ではなく、いずれトルトルミ湖の水はラプステン湖に注ぎ込むと見られている。そして、両湖が一緒になった時、巨大なGLOF発生の引き金になりかねない。NCHM関係者は、その場合の規模が5,300㎥にもなると予測する。


続きを読む


nice!(4)  コメント(0)