So-net無料ブログ作成

『日本産業 三つの波』 [仕事の小ネタ]

日本産業 三つの波

日本産業 三つの波

  • 作者: 伊丹 敬之
  • 出版社/メーカー: NTT出版
  • 発売日: 1998/07
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
20年のサイクルを描いてきた戦後の日本経済は、いまバブルの崩壊と政策ミスで混迷している。しかし過去の豊かな“遺産”を活かし、「支援型」産業と「統合的」産業を軸に、第三の波が盛り上がりつつある。実証分析と理論を融合した労作。

前回、繊維産業についての分析をまとめた本をご紹介した際、最近著者とお目にかかる機会があったと書いた。繰り返しになるが、その時、「近現代の日本の産業経験は既にまとまっている文献はあるが、英語文献は少ないので、既存の文献を英訳するだけでも結構な発信力になる」と言われたので、僕は、例えばどんな文献があるのかと著者に尋ねた。真っ先に挙げられたのが、『日本産業 三つの波』だった。

前回ご紹介した、『日本の繊維産業 なぜ、これほど弱くなってしまったのか』は、時系列的には『~三つの波』より後の作品で、従って『~三つの波』には繊維産業の分析はまだ含まれていない。とはいえ、伊丹教授と伊丹研究室が、10年もの歳月をかけて行って来られた産業分析の集大成として、また産業別の個別分析をまとめた要約本として、『~三つの波』は相当有用な1冊だと強く感じる。これを読めば、少なくとも戦後の主要産業の盛衰とその分析について、だいたい頭に入る。オイルショックか米国の「強いドル政策」、プラザ合意からバブル拡大、そしてバブルの崩壊まで、僕らの世代は実際にそれを目撃している。なので、本書を読むと「ああ、そうだったな」と首肯するところが多くある。

特に、僕は1980年代に学生やってて国際関係論とか経済学とか勉強し、その後一度銀行に就職してバブル崩壊を見ているから、80年代から90年代頃の記述には説得力が相当あった。銀行業についても1章割かれているが、これは実際に自分がいた業界なので、93年にそれまで勤めていた銀行を飛び出して数年が経過した時点で、著者とその研究室が銀行業の興亡の歴史とその勝因・敗因の分析を見て、少し客観的にこの業界を振り返ることができた。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)