So-net無料ブログ作成

『それでも空は青い』 [読書日記]

それでも空は青い

それでも空は青い

  • 作者: 荻原 浩
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/11/29
  • メディア: 単行本
内容紹介
人と人の組み合わせの数だけ、物語がある―― 読めば心が軽くなる傑作集!
バーテンダーの僕は、骨折で入院した先の看護師の彼女に恋をした。退院後、何度かバーを訪ねてくれたものの、バツイチ7歳年上の彼女との距離はなかなか縮まらない。なぜなら彼女は“牛男”と暮らしているようで……(「僕と彼女と牛男のレシピ」)。
人間関係に正解なんてない――人づきあいに悩む背中をそっと押してくれる7つの物語。

前述の放送大学オンライン講座の終了試験が無事終わったし、もう1つ今週末にやりたかった秘密の作業にも予想よりも早めに目途がつきそうだったので、久しぶりに息抜きで小説でも読むことにした。選んだのは荻原浩の短編。先週末にコミセンの図書室で借りてあったのだけど、読めるのは遅めの夏休みに入る今週後半からかなという気がしていた。実際にはそれよりも数日早く読みはじめ、そして読み終わった。

夏休みの読書としては最適だったかも。荻原さんの作風がうまく出ていて、読後感もいい。「人生はパイナップル」は、甲子園の準々決勝の試合中継を時々チェックしながら読むこととなった。「スピードキング」も「僕と彼女と牛男のレシピ」も野球絡みの作品である。そういうのを、甲子園と同じ時期に読むっていうのもなんかの偶然だ。

どれも良かったと思うのだけれど、でもすみません、僕的にいちばん良かったのは「妖精たちの時間」でした。登場した主人公は僕よりも少なくとも15歳は若いのだけれど、同窓会と高校時代をつなげる作品ってのも、今の季節には合ってるかなと思うし、ちょっと意外な展開だったけど、あの静けさっていいなと思う。

それにしても、妖精だの幽霊だのがよく出て来る本だったな。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ: