So-net無料ブログ作成
仕事の小ネタ ブログトップ
前の10件 | -

『名字と日本人』 [仕事の小ネタ]

先祖からのメッセージ 名字と日本人 (文春新書)

先祖からのメッセージ 名字と日本人 (文春新書)

  • 作者: 武光 誠
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1998/11/20
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
数え方にもよるが、日本人の名字はなんと30万種近くにもなるという。こんなに厖大な数の名字がどうしてできたのだろう?その中でも「佐藤さん」「鈴木さん」たちが多いわけは?徳川家康はなぜ「源朝臣家康」なのだろう?身近でありながら疑問だらけの名字のルーツ。古代の「姓」から「名字」が生まれてくる過程を、武家支配と「家」の誕生という中世日本史のダイナミズムにからめて詳述する。

今から1カ月前、菊地正憲『もう一度学びたい日本の近現代史』をブログでご紹介したが、この中で、僕は、この本で紹介されている参考文献の数冊は実際に読んでみたいと書いていた。本日ご紹介の1冊はまさにその派生読書の第一弾である。例えば、前述の本の著者の「菊地」姓、これは肥後熊本あたりを本拠地にしていた中世の大名「菊池」氏からの派生で東北に移り住んだ人たちが名乗ったもので、北関東から東北にかけて、「菊池」姓は広く分布しているのだという。(でも、マリナーズの菊池雄星投手は「菊池」なんだけどね。)

近現代史との関係で見ていくと、僕らが今名乗っている名字というのは、平安鎌倉時代から続く由緒ある家柄の名字(ただし、本当にその血筋なのかどうかはわからない)と、明治新政府が四民平等方針の一環で進めようとした戸籍制度(明治4年4月戸籍法制定)の一環で、苗字・帯刀による区別全廃のために、農民や町民も名字を名乗ることを許されて(明治3年)新たに取得した名字とが混在しているらしい。僕らはそのうち後者の方の割合の方が大きいと勝手に思っていたけれど、実はそうではないらしい。僕らが良く知る「鈴木」と「佐藤」は前者なのだとか。「田中」や「中村」も時代は下るが経緯としては新たに開墾された農村の中心となった人々を表す名字らしい。

一方で、明治の戸籍制度の下で新たに出てきた名字の典型は、その地域で採れる作物や魚介類を名字にしてしまうという奴だった。「大根」とか「鯨」とか。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『直島から瀬戸内国際芸術祭へ』『ひらく美術』 [仕事の小ネタ]

直島から瀬戸内国際芸術祭へ─美術が地域を変えた

直島から瀬戸内国際芸術祭へ─美術が地域を変えた

  • 作者: 福武總一郎、北川フラム
  • 出版社/メーカー: 現代企画室
  • 発売日: 2016/10/20
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
瀬戸内アート本の決定版!「アートによる地域づくり」を切り拓いてきた福武總一郎(プロデューサー)+北川フラム(ディレクター)初の共著、ついに刊行!

秋元雄史『直島誕生』以来の直島、瀬戸内国際芸術祭関連の書籍である。秋元氏は2006年にベネッセ福武聰一郎会長と袂を分かち、ベネッセを去っている。『直島誕生』は本当に直島が現代アートで復興するまでの経過についてしか描かれていない。それはそれで非常に貴重なナラティブだと思うが、そこで制作されたアート作品について写真すら挿入されていないし、瀬戸内国際芸術祭の今につながるまでには欠けている情報もある。『直島誕生』を読むと、「直島以後」も知りたくなる。

秋元氏がベネッセを去るきっかけとなったのは、直島を到達点として見ていた秋元氏と、直島の経験を近隣の讃岐水道の島々にも拡げていきたいと主張した福武会長との路線の違いであった(と秋元氏は語っている)。秋元氏はベネッセのアート振興部門の事務方の人だったから、会長が言ったことは白を黒とでも言わねばならず、かなり疲弊させられたということもあったのだろう。ベネッセアートサイト直島に至るまでの経緯を描いた文書では、野中郁次郎・廣瀬文乃・平田透『実践ソーシャル・イノベーション』にしても、福武總一郎・北川フラム『直島から瀬戸内国際芸術祭へ』にしても、秋元氏の功績については全く言及されていない。社員という位置付けだったからなのだろうが、福武氏の卓越したビジョンだけが述べられている。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

再読『実践ソーシャルイノベーション』 [仕事の小ネタ]

実践ソーシャルイノベーション - 知を価値に変えたコミュニティ・企業・NPO

実践ソーシャルイノベーション - 知を価値に変えたコミュニティ・企業・NPO

  • 作者: 野中 郁次郎
  • 出版社/メーカー: 千倉書房
  • 発売日: 2014/06/04
  • メディア: 単行本

2014年10月以来の久々の再読である。初出の際のブログ記事をご覧いただければ本書が扱った7つの事例はお分かりいただけるかと思う。驚いたことに、三鷹在住だった僕がブータン駐在することになった後、仕事の関係で接点ができた自治体が2つ、このケースの中に含まれている。僕がブータンで仕事をする際、この本を事前に読んで予備知識を得ていたことが役に立った場面もある。また、実現には至らなかったものの、「アートサイト直島」のことを知っていたことで、現代アートを通じた地域おこしをブータンなりに演出できないものかと思い付き、それなりの頭の体操もできた気がする。

それを久々に読み直したのは、この事例に関する記憶自体をリフレッシュしておこうと思ったからである。確かこう書いてあったなと思っていた記憶が、結構怪しいような気もしたので。初めて読んだ時には、将来ブータンでこの事例で取り上げられた離島の関係者の方々と接点ができるとは思っていなかったので、わりと飛ばし読みしていた。曖昧な記憶に基づいて僕はしゃべっていたが、今回読み直してみたら事例の記述のトーンがやっぱり「町長のリーダーシップ」ありきだった。「それよりも住民が問題を直視して行動を起こしたからだろ」と何度か発言したことがあるが、これはむしろ三鷹市のことだった(冷や汗)。

7つの事例を読んでみて、各々の取組みの革新性、先進性には改めて頭が下がる思いがする。だからといって、その離島に特段の便宜を図れと言われると、「ちょっと違うんだけどな~」という複雑な思いを抱く。既に成功しているんだからいいじゃないかと考える自分もいる。僕は仕事以外の点ではこの離島とは全く接点がないし、自分が地域おこしに関わりたいと思うとしたら、自分の故郷で、この離島ほどメディアからは注目はされていないけれど、「知る人ぞ知る」という活動にである。これは、年老いた両親を故郷に残して東京だったり海外だったりとかで好き勝手に生きてきた自分が、この歳になって強烈に思うところでもある。

責任ある立場から外れて少しは自分が今後関わりたいことに選り好みができるなら、仕事の10%程度の時間はこんな活動にも充てたい。我が社が社員のモチベーションを損ねない形でオープンイノベーション的なことを始めるとしたら、そういう形を言うんじゃないのかな。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『もう一度学びたい日本の近現代史』 [仕事の小ネタ]

もう一度学びたい日本の近現代史

もう一度学びたい日本の近現代史

  • 作者: 菊地 正憲
  • 出版社/メーカー: 西東社
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 単行本

内容(「BOOK」データベースより)
明治・大正・昭和―世界を知り、戦った「激動の時代」から平成までをこれ一冊でわかりやすく解説。幕末からの時代の流れを知れば、いまの日本がよくわかります。

何の気なしに市立図書館で借りた。日本の近現代史を手っ取り早くおさらいしておきたかったからで、小難しい専門書に行く前に、中学高校時代の歴史教科書並みの記述で幕末から明治・大正・昭和期のことがひと通り言及されているのがいいと考えた。そのニーズには、本書はピッタリ合っていた。

ひとつひとつの出来事をそれほど深くは解説していない。著者自身もそれは割り切っていて、それを補足する仕掛けとして、その時代をもっと知るための、書籍・映画情報というのを欄外に盛っている。これがなかなか捨てがたい。僕が過去に読んだ本も幾つかは含まれていたが、ほとんどは未読。次のステップは多分これらの何冊かを読んでいくことになるのだろうが、そうすると本書は座右に置いておく方が望ましい。

ということで、読了後、すぐに中古で1冊購入することにした(なんと1円!)。これから日本の近現代史に関する文献を幾つか読んでいくと思うが、その出所は本書だと思って下さい。

ところで、今小学館ビッグコミックオリジナルで、能條純一『昭和天皇物語』というのが連載中で、その中で皇太子裕仁親王の欧州ご訪問が描かれている。ずっと楽しみに読んでいるが、描かれ方を見ていて、皇太子の欧州訪問中に大正天皇がお亡くなりになるのか、原敬首相が暗殺されるのか、どちらも起きかねない緊迫感が感じられた。てっきり大正時代の末期の話かと思っていたので、その後本日ご紹介した本の該当時期の出来事の記述を読んでいたら、欧州訪問の話は載っていなかったものの、原敬が首相だったのは大正中期だというのがわかり、ちょっと意外な感じがした。今後の『昭和天皇物語』の展開を理解するためにも、本書は手元に常に置いておきたいと思う。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『テクノロジー・スタートアップが未来を創る』 [仕事の小ネタ]

テクノロジー・スタートアップが未来を創る: テック起業家をめざせ

テクノロジー・スタートアップが未来を創る: テック起業家をめざせ

  • 作者: 鎌田 富久
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 2017/12/28
  • メディア: 単行本
内容紹介
ロボットのSCHAFT、人工衛星のAxelspace、パーソナル・モビリティのWHILL、印刷する電子回路のElephantech、がんワクチンのVLP Therapeutics…。いま東京大学をはじめ、大学発ベンチャーが熱い。東京大学の人気講座・アントレプレナー道場の看板講師であり、自らも学生時代にACCESSを共同創業し、現在はエンジェル投資家でもある著者が、豊富な経験から指南する大学発ベンチャーのススメ。

半年ほど前から本書を読んでみたいと思っていたが、帰国してようやく手に取ることができた。今さら自分自身でハードウェア・スタートアップを目指したいとは思わないが、理系の我が子が飛び込んでいくこれからの社会がどういうところなのかを知る意味では、いい読書になったと思う。ちなみに本書は図書館で借りた。

帰国までは手に取れなかったとはいえ、今なぜ読んだのかというと、4月26日に行われた僕の帰国報告会に間に合うようにしたかったからだ。この年齢になってテクノロジーに関心を持ったのは、自分が役職定年や定年退職期を迎えて年収が激減した時に、身の回りで必要になりそうなものはある程度自分で作れる、あるいは修繕できるようにしておきたいと思ったからでもあるが、もう1つの理由は、このトレンドはブータンのような内陸国にももたらすメリットが大きいからでもある。報告会の前に自分の論点を頭の中で整理しておきたかったし、帰国して1カ月、前職とは全く異なる仕事を取りあえず始めて前職の記憶がかなり薄れてしまったので、モチベーションを立て直すきっかけが欲しかったということもある。

しかし、残念ながら報告会までに読了することはできなかった。結局今の仕事に追いまくられたからだ。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門 [仕事の小ネタ]

地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門

地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門

  • 作者: 木下 斉
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2018/11/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
SNSで話題の「地元がヤバい本」はこちら!
「補助金が地方のガンなんや!自分らの手で稼ぐ、それ以外の方法で再生なんかありえへん」
地方衰退の「構造」とビジネスでの「変革手法」がストーリーで一気にわかる!
札幌・盛岡・女川・山形・福井・甲府・熱海・勝川・城崎・小倉・長崎・熊本・鹿児島…全国各地の「未経験者」400名が実践したノウハウを大公開!
「地方のリアル」と「成功のコツ」が122の充実キーワード解説からまるわかり!

この本も、発刊当時から読みたいと思っていたものだが、本帰国してすぐに図書館で借りて読むことができた。この人の著書は、以前『稼ぐまちが地方を変える』を二度読んで、毎回ブログで読後感を書き綴ってきている。
第1回:https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2015-07-24
第2回:https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2018-01-22

初回読了の際のコメントで、「この(まちおこしの10の)鉄則を当てはめたケースストーリーを幾つか知りたいということなのだと思う。一応本書でも各鉄則毎にそれなりに具体的なケースへの言及はあるものの、全ての鉄則を1つの特定の自治体のまちづくりのケースに当てはめてみるような取組みがもう少し多いとわかりやすくなったかもしれない」と書いているが、それを特定の自治体についてではなく、架空のまちと登場人物を用いて小説として描いたのが本作品である。従って、過去にそうしたコメントを付けた張本人としては、本書は読まねばならない1冊だといえた。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『インフラ・ビジネス最前線』 [仕事の小ネタ]

インフラ・ビジネス最前線 ―ODAの戦略的活用―

インフラ・ビジネス最前線 ―ODAの戦略的活用―

  • 編著者: 山田順一
  • 出版社/メーカー: 廣済堂出版
  • 発売日: 2018/09/14
  • メディア: 単行本
内容紹介
民間企業向けにインフラ輸出に関する具体的事例や課題を分かりやすく紹介した書籍は少ない。本書は、特に日本の中小企業を含めた民間企業が行うインフラ開発を取り上げ、それらに役立つ政府開発援助(ODA) の制度について解説する。新興国で事業を受注したい、調査がしたい、海外展開をしたい、などの目的別に使えるスキームを紹介し、企業や研究者の役に立つようにしている。海外のインフラ開発の歴史や国別・セクター別のインフラ開発の動きを整理した前著『新興国のインフラを切り拓く』(2015年刊)の続編。

積読蔵書圧縮計画2019の第3弾。積読蔵書はターゲットとなるイベントを定めてその直前に読み込みに取りかかるようになるべくしている。本書の場合もそうで、週明けに行われるブレストに向けた話のネタの仕込みとして、とっとと読んでしまうことにした。元々は日刊建設工業新聞に毎月連載されていたJICA職員による寄稿に、編著者が概説を書き下ろしてドッキングさせた本で、内容紹介が示すように、インフラ整備支援に関連しそうなJICAの最近の支援プログラムとそれの途上国での適用事例がふんだんに紹介されているので、民間企業に勤めていて、自社の技術を外国市場でも売りたいと考えておられる人には多分参考になる。

JICAの開発協力スキームといったら、「技術協力」「無償資金協力」「有償資金協力(円借款)」だとよく解説される。元々「技術協力」に「ボランティア」(今年より「JICA海外協力隊」に改称されたらしい)や「草の根技術協力」なんてのもあるのは知っていたけれど、民間企業と連携できるよう、「民間連携ボランティア」なんて制度ができ、「研修員受入」についても、長期研修の場合は本邦での民間企業でのインターン実習経験なんてのがプログラムに組み込まれたりもするらしい。(元々研修の場合は、短期間であっても研修員受入機関に民間企業が含まれていたりするので、研修員本人、受入側民間企業、そして研修を組んだJICA自身にその気さえあれば、民間連携というのはもっとできたかもしれないが。)

本書を読んで驚くのは、JICAの資金協力についても、こんなにメニューが豊富になっているんだということであった。まだできたばかりで適用された事例がないような「サブソブリン円借款」のようなプログラムもあるようだが、できることならなんでも制度改善やって、民間企業に参加してもらいたいというJICAの熱量はものすごく感じる。価格も1000円(税別)と相当気張って抑えられているので、ある程度売れるだろう。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『ファシリテーション・グラフィック』 [仕事の小ネタ]

ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法 (ファシリテーション・スキルズ)

ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法 (ファシリテーション・スキルズ)

  • 作者: 堀公俊・加藤彰
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2006/09/01
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
議論を描けば会議が変わる!ミーティングやワークショップを効果的に進行する必須スキルを豊富なビジュアルを用いて解説する初めての入門書。

2019年一発目のネタは、未だ継続実践中の積読蔵書圧縮計画の続き。この本、もはやいつ購入したのかすら覚えていないが、薦められて購入したのだけは覚えている。ワークショップのファシリテーションの入門書として堀公俊の著書はおススメであると誰かに言われた記憶があって、その時に具体的に薦められたのが本書だったというわけ。

2日あれば十分読める内容だが、問題は実践。僕は2014年2月に地元で行われた講演会で、講師の方が話されたことを全てホワイトボードに箇条書きで板書するという経験をしたことがあるが、ノンペーパーでどんな話が飛び出すかわからない中で話の筋を書き出す作業は、結構大変だった。(勿論、講師の方の著書は読んだ上で板書に臨んでいたのだが。)

言われてみれば、僕の職場にも身近なところにホワイトボードがあるが、あまり使ってないなというのが気になる。ホワイトボード自体が小さいということもあるが、本書でも指摘されている「マーカーのインク切れ」という状況が改善されないので、やってて嫌気がさしてきたことも実はある。

その一方で、ホワイトボードにアイデアを書き出すことで、その場にいた皆がアイデアを出しやすくなったというメリットも実際には何度か経験した。ブータン人は目上の人と面と向かって話をして、自分の意見を言うのはかなり苦手である。対面で視線が交差するようなポジションで意見を出し合うと結構議論が停滞してしまう。もっと意見言えと言われてもなかなか意見できない。なので、彼らの視線を1カ所に集中させるようなレイアウトにして意見を出し合う方が、議論は確かに活性化できる。ホワイトボードを使ったディスカッションは、もっともっと行ってもいいように思う。

昨年はうちの職場でも仕事上お世話になっていた関係者が地方でお亡くなりになるという緊急事態を経験したが、今となって振り返ってみれば、あの時いつ誰が何をしたのか、皆が一覧できるように記録を取っていれば、10年に一度あるかないかという緊急事態の対応オペレーションを、その時に職場にいたスタッフが皆、覚えていられる環境を整えられたかもしれない。本書を読みながら、ちょいとそんな反省をした。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『NEVER LOST AGAIN』 [仕事の小ネタ]

NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生 (世界を変えた地図)

NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生 (世界を変えた地図)

  • 作者: ビル・キルデイ
  • 出版社/メーカー: TAC出版
  • 発売日: 2018/11/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
【知られざるグーグルマップ誕生物語】
キーホールの立ち上げからグーグルによる買収、世界的な成功を得るまでを臨場感迫る筆致で描く。いまや、世界中の人たちの必須アプリ「グーグルマップ」の知られざる誕生物語が緊急翻訳出版!

ブログ復活記事第2弾は、グーグルマップ、グーグルアース、さらにグーグルストリートビュー、ポケモンGO誕生の物語。読み始めは11月23日、読了は12月8日。460頁もあるかなり分厚い本だとはいえ、こんなに時間がかかったのは生活に余裕がなかったからだ。

実は11月初旬、うちの組織はグーグル社から派遣された社員ボランティアを受け入れた。僕たちが普段直面している課題について、同社が提供できるソリューションがないか意見交換をする場だった。聞くところによると、グーグル社は年に2回ほどブータンに社員ボランティアを派遣してきているらしい。それがうちに来て下さったのは、僕が昨年、グーグル・シンガポール社の方と、知人を介してたまたま夕食をご一緒したからで、今年社員ボランティアを派遣するにあたって、Sanchaiのいる組織にも声をかけてみろとコーディネーターの方に提案して下さったのだそうだ。当然ながら僕は受入れ歓迎したし、ついでに2カ所紹介もした。

このグーグル・ボランティアは今後も続くだろうから、顔合わせだった今回はともかく、次回以降はもうちょっと実装につながるような具体的な相談ができたらいいと思った。そこで、そもそもグーグルが得意としているものが何なのか、実際にどのような形で実装されているのか、さらにはそうしたテクノロジーがどのようなプロセスを経て開発されてきたのか、そんなことを知りたいと思い、本書を読んでみることにした。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『マイクロモノづくりはじめよう』 [仕事の小ネタ]

マイクロモノづくりはじめよう ~「やりたい! 」をビジネスにする産業論~

マイクロモノづくりはじめよう ~「やりたい! 」をビジネスにする産業論~

  • 作者: 三木康司・宇都宮茂
  • 出版社/メーカー: テン・ブックス
  • 発売日: 2013/04/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
★サラリーマンも上司の下請け。脱・下請けするなら、今でしょ!
「マイクロモノづくり」は「自分が本当にやりたいコト」に気付いて、それをビジネスにしていく、今まさに迎える時代の産業革命論だ。クライアントに逆らえない中小企業やフリーランス、そして上司に逆らえない会社員――。大量生産・大量消費の資本主義では「自分が本当にやりたいコト」のために、時間やコストを犠牲にすることは「罪」だった。だが、時代は変わった。
★メイド・イン・ジャパニーズ・ドリーム――ワクワクモノづくりで世界を元気にする!
インターネットの普及、デジタルツールの進化でインフラは低コスト化した。人々の心にも変化が起きている。多くの人たちが、大量生産品では満足できずに、他の人とはちょっと違う何かを求めはじめている今、マイクロな市場に向けてのモノづくりが価値を生み出すようになった。「自分が本当にやりたいコト」をして、幸せに生きていける時代がやって来たのである。 本当に必要なモノを、本当に必要なだけ数だけ生産し、本当に必要な数だけ消費する。地球と共生し、人間の幸福を取り戻すための産業論を最前線の事例とともに紹介する。

今月に入ってからなんと5冊目の「ものづくり」の本。それぞれ内容は少し異なるけれど、本のタイトルに「作る」という言葉が含まれているのが共通している。ある程度テーマを持って読書はやりたいと思っていたこともあるが、うち何冊かは先週末に妻がバンコクまで来てくれた時に、中古の本を持ってきてくれたもので、今回ご紹介の1冊もこれに含まれる。ついでに言うと、この5冊のうち、3冊はトマス・トウェイツ『ゼロからトースターを作ってみた結果』を引用している。うち1冊はこの本そのものなのだが。それだけものづくり愛好家には影響力のあった本なのだろう。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 仕事の小ネタ ブログトップ