So-net無料ブログ作成
仕事の小ネタ ブログトップ
前の10件 | -

『インフラ・ビジネス最前線』 [仕事の小ネタ]

インフラ・ビジネス最前線 ―ODAの戦略的活用―

インフラ・ビジネス最前線 ―ODAの戦略的活用―

  • 編著者: 山田順一
  • 出版社/メーカー: 廣済堂出版
  • 発売日: 2018/09/14
  • メディア: 単行本
内容紹介
民間企業向けにインフラ輸出に関する具体的事例や課題を分かりやすく紹介した書籍は少ない。本書は、特に日本の中小企業を含めた民間企業が行うインフラ開発を取り上げ、それらに役立つ政府開発援助(ODA) の制度について解説する。新興国で事業を受注したい、調査がしたい、海外展開をしたい、などの目的別に使えるスキームを紹介し、企業や研究者の役に立つようにしている。海外のインフラ開発の歴史や国別・セクター別のインフラ開発の動きを整理した前著『新興国のインフラを切り拓く』(2015年刊)の続編。

積読蔵書圧縮計画2019の第3弾。積読蔵書はターゲットとなるイベントを定めてその直前に読み込みに取りかかるようになるべくしている。本書の場合もそうで、週明けに行われるブレストに向けた話のネタの仕込みとして、とっとと読んでしまうことにした。元々は日刊建設工業新聞に毎月連載されていたJICA職員による寄稿に、編著者が概説を書き下ろしてドッキングさせた本で、内容紹介が示すように、インフラ整備支援に関連しそうなJICAの最近の支援プログラムとそれの途上国での適用事例がふんだんに紹介されているので、民間企業に勤めていて、自社の技術を外国市場でも売りたいと考えておられる人には多分参考になる。

JICAの開発協力スキームといったら、「技術協力」「無償資金協力」「有償資金協力(円借款)」だとよく解説される。元々「技術協力」に「ボランティア」(今年より「JICA海外協力隊」に改称されたらしい)や「草の根技術協力」なんてのもあるのは知っていたけれど、民間企業と連携できるよう、「民間連携ボランティア」なんて制度ができ、「研修員受入」についても、長期研修の場合は本邦での民間企業でのインターン実習経験なんてのがプログラムに組み込まれたりもするらしい。(元々研修の場合は、短期間であっても研修員受入機関に民間企業が含まれていたりするので、研修員本人、受入側民間企業、そして研修を組んだJICA自身にその気さえあれば、民間連携というのはもっとできたかもしれないが。)

本書を読んで驚くのは、JICAの資金協力についても、こんなにメニューが豊富になっているんだということであった。まだできたばかりで適用された事例がないような「サブソブリン円借款」のようなプログラムもあるようだが、できることならなんでも制度改善やって、民間企業に参加してもらいたいというJICAの熱量はものすごく感じる。価格も1000円(税別)と相当気張って抑えられているので、ある程度売れるだろう。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『ファシリテーション・グラフィック』 [仕事の小ネタ]

ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法 (ファシリテーション・スキルズ)

ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法 (ファシリテーション・スキルズ)

  • 作者: 堀公俊・加藤彰
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2006/09/01
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
議論を描けば会議が変わる!ミーティングやワークショップを効果的に進行する必須スキルを豊富なビジュアルを用いて解説する初めての入門書。

2019年一発目のネタは、未だ継続実践中の積読蔵書圧縮計画の続き。この本、もはやいつ購入したのかすら覚えていないが、薦められて購入したのだけは覚えている。ワークショップのファシリテーションの入門書として堀公俊の著書はおススメであると誰かに言われた記憶があって、その時に具体的に薦められたのが本書だったというわけ。

2日あれば十分読める内容だが、問題は実践。僕は2014年2月に地元で行われた講演会で、講師の方が話されたことを全てホワイトボードに箇条書きで板書するという経験をしたことがあるが、ノンペーパーでどんな話が飛び出すかわからない中で話の筋を書き出す作業は、結構大変だった。(勿論、講師の方の著書は読んだ上で板書に臨んでいたのだが。)

言われてみれば、僕の職場にも身近なところにホワイトボードがあるが、あまり使ってないなというのが気になる。ホワイトボード自体が小さいということもあるが、本書でも指摘されている「マーカーのインク切れ」という状況が改善されないので、やってて嫌気がさしてきたことも実はある。

その一方で、ホワイトボードにアイデアを書き出すことで、その場にいた皆がアイデアを出しやすくなったというメリットも実際には何度か経験した。ブータン人は目上の人と面と向かって話をして、自分の意見を言うのはかなり苦手である。対面で視線が交差するようなポジションで意見を出し合うと結構議論が停滞してしまう。もっと意見言えと言われてもなかなか意見できない。なので、彼らの視線を1カ所に集中させるようなレイアウトにして意見を出し合う方が、議論は確かに活性化できる。ホワイトボードを使ったディスカッションは、もっともっと行ってもいいように思う。

昨年はうちの職場でも仕事上お世話になっていた関係者が地方でお亡くなりになるという緊急事態を経験したが、今となって振り返ってみれば、あの時いつ誰が何をしたのか、皆が一覧できるように記録を取っていれば、10年に一度あるかないかという緊急事態の対応オペレーションを、その時に職場にいたスタッフが皆、覚えていられる環境を整えられたかもしれない。本書を読みながら、ちょいとそんな反省をした。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『NEVER LOST AGAIN』 [仕事の小ネタ]

NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生 (世界を変えた地図)

NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生 (世界を変えた地図)

  • 作者: ビル・キルデイ
  • 出版社/メーカー: TAC出版
  • 発売日: 2018/11/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
【知られざるグーグルマップ誕生物語】
キーホールの立ち上げからグーグルによる買収、世界的な成功を得るまでを臨場感迫る筆致で描く。いまや、世界中の人たちの必須アプリ「グーグルマップ」の知られざる誕生物語が緊急翻訳出版!

ブログ復活記事第2弾は、グーグルマップ、グーグルアース、さらにグーグルストリートビュー、ポケモンGO誕生の物語。読み始めは11月23日、読了は12月8日。460頁もあるかなり分厚い本だとはいえ、こんなに時間がかかったのは生活に余裕がなかったからだ。

実は11月初旬、うちの組織はグーグル社から派遣された社員ボランティアを受け入れた。僕たちが普段直面している課題について、同社が提供できるソリューションがないか意見交換をする場だった。聞くところによると、グーグル社は年に2回ほどブータンに社員ボランティアを派遣してきているらしい。それがうちに来て下さったのは、僕が昨年、グーグル・シンガポール社の方と、知人を介してたまたま夕食をご一緒したからで、今年社員ボランティアを派遣するにあたって、Sanchaiのいる組織にも声をかけてみろとコーディネーターの方に提案して下さったのだそうだ。当然ながら僕は受入れ歓迎したし、ついでに2カ所紹介もした。

このグーグル・ボランティアは今後も続くだろうから、顔合わせだった今回はともかく、次回以降はもうちょっと実装につながるような具体的な相談ができたらいいと思った。そこで、そもそもグーグルが得意としているものが何なのか、実際にどのような形で実装されているのか、さらにはそうしたテクノロジーがどのようなプロセスを経て開発されてきたのか、そんなことを知りたいと思い、本書を読んでみることにした。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『マイクロモノづくりはじめよう』 [仕事の小ネタ]

マイクロモノづくりはじめよう ~「やりたい! 」をビジネスにする産業論~

マイクロモノづくりはじめよう ~「やりたい! 」をビジネスにする産業論~

  • 作者: 三木康司・宇都宮茂
  • 出版社/メーカー: テン・ブックス
  • 発売日: 2013/04/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
★サラリーマンも上司の下請け。脱・下請けするなら、今でしょ!
「マイクロモノづくり」は「自分が本当にやりたいコト」に気付いて、それをビジネスにしていく、今まさに迎える時代の産業革命論だ。クライアントに逆らえない中小企業やフリーランス、そして上司に逆らえない会社員――。大量生産・大量消費の資本主義では「自分が本当にやりたいコト」のために、時間やコストを犠牲にすることは「罪」だった。だが、時代は変わった。
★メイド・イン・ジャパニーズ・ドリーム――ワクワクモノづくりで世界を元気にする!
インターネットの普及、デジタルツールの進化でインフラは低コスト化した。人々の心にも変化が起きている。多くの人たちが、大量生産品では満足できずに、他の人とはちょっと違う何かを求めはじめている今、マイクロな市場に向けてのモノづくりが価値を生み出すようになった。「自分が本当にやりたいコト」をして、幸せに生きていける時代がやって来たのである。 本当に必要なモノを、本当に必要なだけ数だけ生産し、本当に必要な数だけ消費する。地球と共生し、人間の幸福を取り戻すための産業論を最前線の事例とともに紹介する。

今月に入ってからなんと5冊目の「ものづくり」の本。それぞれ内容は少し異なるけれど、本のタイトルに「作る」という言葉が含まれているのが共通している。ある程度テーマを持って読書はやりたいと思っていたこともあるが、うち何冊かは先週末に妻がバンコクまで来てくれた時に、中古の本を持ってきてくれたもので、今回ご紹介の1冊もこれに含まれる。ついでに言うと、この5冊のうち、3冊はトマス・トウェイツ『ゼロからトースターを作ってみた結果』を引用している。うち1冊はこの本そのものなのだが。それだけものづくり愛好家には影響力のあった本なのだろう。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『ミライを変えるモノづくりベンチャーのはじめ方』 [仕事の小ネタ]

ミライを変えるモノづくりベンチャーのはじめ方

ミライを変えるモノづくりベンチャーのはじめ方

  • 作者: 丸 幸弘
  • 出版社/メーカー: 実務教育出版
  • 発売日: 2017/09/13
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
先端技術を、宝の持ち腐れで終わらせるか、それが当たり前の世界を作れるか、すべてはやり方次第です。ミドリムシで上場のバイオベンチャー、ユーグレナの仕掛け人による、モノづくりベンチャーの成功ルール! 起業したい人、投資したい人、(VC、事業会社、銀行、エンジェルなど)必読の書!

ブータンでもビジネス展開されようとしているユーグレナ社の関係者の方だというので、ただそれだけの理由で本書を手に取った。自分がこんなものづくりのベンチャーを目指しているわけではないけれど、できれば老後に趣味と実益を兼ねてほどほどのものづくりは自分自身でできるようになれたらなと思っている僕にとっては、すぐに役に立つ本ではないが、想定読者が誰なのかを考えれば、今大学で生命工学を専攻していて、大学院にも行きたいと言ってる僕の長男ぐらいは読んでおいたらいいんじゃないかと思う。

但し、学生がすぐに役立つ本でも必ずしもない。学生発のベンチャーは推奨されていない。10年ぐらいはどこかの企業で修行して、技術を磨き、必死に勉強して、人的ネットワークを築けと説いている。その通りだと思う。ブータンではどこもかしこも「起業(スタートアップ)」慫慂しているけど、起業して誰でも成功できるものではないので、学生をターゲットにして起業アイデアのハッカソン「スタートアップ・ウィークエンド」をやたらと開催している今の風潮に対して僕が抱いていた違和感を、うまく表現している。(ユーグレナの出雲社長の本にも書かれていたことだが。)

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『この世界が消えたあとの科学文明のつくり方』 [仕事の小ネタ]

この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた (河出文庫)

この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた (河出文庫)

  • 作者: ルイス ダートネル
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/09/06
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
文明が滅びたあと、あなたはどのように生き残るのか?穀物の栽培や紡績、製鉄、発電、印刷、電気通信など、人類が蓄積してきた厖大な知識をどのように再構築し、文明を再建するのか?日々の生活を取り巻くさまざまな科学技術と、その発達の歴史について知り、「科学とは何か?」を考える、世界15カ国で刊行の大ベストセラー!

いやぁ、面白かった。450頁もあるから読むのも大変だったけど、面白かった。河出書房、ホント目の付け所が違う。今年読んだ本の中でも、出色の面白さだ。

今、ここで急に大地震でも起きて、何もかも倒壊してしまって、でも自分を含めて数人で辛うじて生き残った時、生きのびるために何からどう手を付けていったらいいのかはにわかには思い付きにくい。そういう、当面を生き残るための知識から始まって、長く生きのびるための様々な知識、科学的裏付けのある様々な知識がこの1冊に詰まっている。

まあ、そんな極端なケースが本当に起きるのかどうかは定かではないが、僕らが開発途上国で仕事していれば、日本にいる時よりもものがないのが当たり前の世界なので、実はこういう本が座右にあるだけでもものを見る時には非常に役立つ。農業を考えてみても種子のこと、肥料のこと、水のことなど考えなければいけなくなるが、実際に日本で農業に従事していたわけでもないので、にわか知識で渡り歩かなければならないことだってある。石灰のような鉱物資源なんてのも同様で、何をどう使っていったら自分達の生活を良くして行けるのかというのを考えるにあたり、鉱物資源をどう加工したら活用可能なのか、恥ずかしながら僕らはネットで調べたにわか勉強で対応しなければならない。

その肝心のネットすら使えない状況にある開発途上国の地方の村でそういう知識が必要になったとしても、多分調べられなくてろくな知識共有もできないだろう。僕らは先進国に生まれ育ったからといって、文明が崩壊してしまった状況やなにもものがない状況にポンと置かれた時には全くの無力で、そこには先進国だ途上国だといった区分は意味をなさなくなる。知識を持っていて、使いこなせる奴が強いのだ。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『スタートアップ』 [仕事の小ネタ]

STARTUP(スタートアップ):アイデアから利益を生みだす組織マネジメント

STARTUP(スタートアップ):アイデアから利益を生みだす組織マネジメント

  • 作者: ダイアナ・キャンダー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/08/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
UCLA、コロンビア大など全米70校が「アントレプレナーシップ」の教科書に続々採用!
コンサル会社を辞め、念願の起業を果たしたオーエン。だが事業は失敗。膨大な借金を抱え、あとは破産を待つだけに。彼は一体どこで間違えたのか。起死回生の一手はあるのか?
起業家の挫折と逆転の物語を読み進むことで、スタートアップという新しい時代の経営手法を「実体験」できる、新事業や新商品開発のための必読書。

今週、僕のところにあるブータン人の方が相談に来られた。HIV感染者とそのご家族のための生活自立を支援している市民社会組織(CSO)の方で、その活動主旨は素晴らしい。そこの代表の方から、オーガニックのジャガイモの商業生産をやりたいので協力して欲しいと高飛車に言われた。「想定している市場はどちらですか?」と僕は尋ねた。「先ずはインド市場で売りたい。あとは国内」と仰った。

だから僕は次のように言った。「ブータンの方はオーガニック、オーガニックと仰るけど、外国市場での「オーガニック」とは定義が違います。ちゃんとオーガニック認証を第三者機関から取っていないとオーガニックとしては認知をされません。インドだってそうです。ブータンにはオーガニック認証ができる機関はありますか?」

そうするとこの方は仰る。「農業省がやってくれるだろう。」僕は反論する。「農業省はオーガニックとして売りたがっているので、認証機関としての独立性については疑問ですし、そんな認証をしているとも聞いたことはありません。」

このままではインド市場にオーガニックポテトを売れそうにない。それじゃ国内はどうかとなる。「サブジバザールに店舗を置いてそこで売る」―――そう仰る。そこで僕は言う。「多分ブータンのジャガイモって、結果的にはオーガニックなのかもしれませんので、オーガニックとして売るにはアピールが足りません。他に商品差別化するためにお考えになられていることはありませんか?」

その方は、何を言われているのかわからないという表情をされる。これは誰と話しても一緒である。たいていの場合、作るものが先にありきなのである。それを誰にどう売るかという発想が弱い。

オーガニック、オーガニックと言われるが、費用がかかるから農薬や化学肥料は使わず、粗放栽培だから人件費もかからない。デファクトのオーガニックなのだ。外国でのオーガニックとは、本当に農薬や化学肥料を使わず、生物連鎖や有機肥料等を用いて栽培する。手間暇かかるので、その分高くなるが、それを支払ってでも不安なく食べられるものが欲しいという購買層にはアピールする。外国ではそれがオーガニックなのだ。それに、結局のところブータンの普通の消費者は安いものを買う。インドから入ってくるものの方が安いのである。そこで見た目がそこらへんのジャガイモと変わりないものを売るなら、どのような購買層に訴求するのか、もうちょっとちゃんと考えた方がいい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『フィールドワークの技法』 [仕事の小ネタ]

フィールドワークの技法―問いを育てる、仮説をきたえる

フィールドワークの技法―問いを育てる、仮説をきたえる

  • 作者: 佐藤 郁哉
  • 出版社/メーカー: 新曜社
  • 発売日: 2002/02/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容(「BOOK」データベースより)
失敗、苦渋、挑戦をつぶさに再吟味し、行きつ戻りつしながらデータを収集、分析、民族誌へと結実してゆくフィールドワーク。マニュアル化できない勘所を説きつくした、読めて使えるフィールドワーク入門。

僕のブータン積読蔵書圧縮計画、ある程度はゴールが見えてきたので、8月にうちの長男が一人旅でブータンを訪れた際、2冊ほど追加の書籍を持って来てもらった。いずれも東京の自宅で積読状態になっていた本で、放っておけばあと半年はその状態が続く見込みだった。こちらに持って来た方がすぐに活用できそうだと思い、2冊ご指名した。

その本を今読んだということは、今まさにフィールドワークの復習をしておきたかったからだ。佐藤先生の著書は、『組織と経営について知るための実践フィールドワーク入門』(有斐閣)というのをこのブログでも二度にわたって紹介している。僕にとっては座右の書といえる。勿論、ブータンにも携行している。本来だったら、今フィールドワークの復習をするならこちらの著書を読み直すべきなのだが、その前により大部な『フィールドワークの技法』の方にチャレンジした。
https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2011-10-22
https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2012-07-28-1

実はこの本、有斐閣から出ている著書を購入した際、ほぼ同時に購入していたのだが、元々大部だったことと、事例で用いているのが暴走族や劇団を対象としたフィールドワークだったので、ちょっと親近感を得ることができず、それで敬遠した。有斐閣の著書の方は、中で何冊もの参考文献を紹介されていて、そちらを読了した後、派生的にそれらの参考文献の方を読み込む方に向かってしまった。それがここまで約6年間も積読で放置してしまった理由である。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

『9プリンシプルズ』 [仕事の小ネタ]

9プリンシプルズ:加速する未来で勝ち残るために

9プリンシプルズ:加速する未来で勝ち残るために

  • 作者: 伊藤 穰一、ジェフ・ハウ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/07/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
私たちはいま、激変する世界に生きている。この変化は例えて言えば、世界を動かすOSが一新されたような大変化だ。しかもこれは、少々バージョンアップがされているだけではない――新しいメジャー・リリースなのだ。だから、慣れるまでに時間がかかる。本書はこの、世界というシステムの新しい論理についての、シンプルだが強力なガイドラインである。ビジネスの「ゲームのルール」の激変ぶりに、イノベーションの恐るべきペースの速さに、むち打ち症(whiplash)にならずついていくために不可欠な、「9の原理(ナイン・プリンシプルズ)」。

去年の年末に帰国した際、本書の存在をたまたま知り、吉祥寺のジュンク堂書店で購入してきた。各所のブックレビューを読んでも、理解するのには時間がかかるという評が結構多かったこともあり、読み始めるには躊躇があったが、日常生活から離れて過ごす連休は格好の読書タイムということで、こういう本にもあえて挑戦することにした。なんとか4日で読了。こんなに時間がかかったのは、噂通り難解だったからというよりも、4日間忙しかったからだ。滞在先のカトマンズでも行事が多く、朝から夜まで宿舎に戻れない日もあった。合間合間にカフェに入って1時間ほど読み込みを図るなどして断続的な読み込みとなった。一気通貫で読まないと全体が理解できないというような本でもなかった。

基本的に、ジョイ・イトウが率いるMITメディアラボが何を目指しているのかを開設した本だと思う。「メディア」という言葉が付いていることで、なんとなく僕らの理解の仕方が違ってしまっているような気がするが、様々な学問領域を融合させて「加速化する未来」に適応するイノベーションを生み出す組織ということなのだろう。メディアラボ誕生のいきさつなども本書の各所で披露されている。

続きを読む


タグ:MIT 伊藤穣一
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『直島誕生』 [仕事の小ネタ]

直島誕生――過疎化する島で目撃した「現代アートの挑戦」全記録

直島誕生――過疎化する島で目撃した「現代アートの挑戦」全記録

  • 作者: 秋元 雄史
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2018/07/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
“現代アートの聖地"はなぜ、どのようにして生まれたのか?仕掛け人が明かす圧巻のドキュメンタリー
「一生に一度は訪れたい場所」として、国内のみならず世界中から観光客がこぞって押し寄せる、瀬戸内海に浮かぶ島・直島。そこは、人口3000人ほどの小さな島ながら、草間彌生や宮島達男、安藤忠雄ら錚々たるアーティストたちの作品がひしめきあう「現代アートの聖地」となっている。
世界に類を見ないこの場所は、いったいなぜ、どのようにして生まれたのか?
今まで、その知名度とは裏腹にほとんど語られてこなかった誕生の経緯を、1991年から15年間、ベネッセで直島プロジェクトを担当し、「家プロジェクト」や地中美術館などの画期的な作品群・美術館を生み出した仕掛け人が、2006年に島を離れて以降初めて、自らの経験をもとに語り尽くす。
そこには、暗闇のなかでも諦めずがむしゃらに挑戦し続けるひとりの人間の姿があり、その苦闘の末に生み出されるのは、あらゆる理不尽を飲み込み時代を超えて受け継がれる奇跡のようなアートの数々である。

以前、野中郁次郎・廣瀬文乃・平田透『実践ソーシャル・イノベーション』という本をブログで紹介した。まちづくりや村づくり、地域の問題解決の活動等で起こるイノベーションのことを「ソーシャル・イノベーション(社会変革)」と呼び、知識視点からこのイノベーションを起こせるコミュニティをどう創っていくのかが論じられているこの本、今は手元にはないが、ブータンとの絡みで言えば島根県隠岐郡海士町や徳島県上勝町・神山町の事例が紹介されていて、ブータン好きの人にはお薦めの意外な1冊といえる。ついでに言えば、僕の自宅は東京都三鷹市であり、三鷹のソーシャル・イノベーション事例を扱っているという点で、さらに僕自身にとってはコスパが良い1冊だった。

その本の中に、株式会社ベネッセホールディングス・福武財団の「アートサイト直島」の事例も出てくる。2010年から始まって3年おきに開催されている「瀬戸内国際芸術祭」が実現に至るまでの地域おこしのイノベーションの経緯が詳述されていたとうっすらと記憶はしているのだが、この時点では仕事上の接点などなく、現代アートへの造詣もなかったから、「ふ~ん」という程度で終わってしまっていた。瀬戸内国際芸術祭について知ったのは、『実践ソーシャル・イノベーション』を読んだのがきっかけであった。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 仕事の小ネタ ブログトップ