So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
読書日記 ブログトップ
前の10件 | -

『伝説の編集者 坂本一亀とその時代』 [読書日記]

伝説の編集者 坂本一亀とその時代 (河出文庫)

伝説の編集者 坂本一亀とその時代 (河出文庫)

  • 作者: 田邊園子
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/04/23
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
文芸誌「文藝」の復刊と新人発掘のための「文藝賞」創設に尽力し、気鋭の戦後派作家たちを次々と世に送り出した編集者・坂本一亀。青春時代に体験した戦争を激しく憎悪し、妥協なき精神で作家と文学に対峙した坂本が、戦後の日本に問うたものとは何だったのか?新しい文学の胎動に寄り添い、“戦後”という時代を作った編集者の類まれなる軌跡に迫る、評伝の決定版。

日本は7月16日は海の日で祭日だったらしいが、ブータンも同じくブッダ命日という祭日だった。何をやろうかと考え、結局、以前河出書房新社に勤めていた親友から薦めてもらった本をキンドルでダウンロードして読むことにした。

今から9年前、僕は坂本龍一『音楽は自由にする』の読書レビューをブログに書いた。余計な日記も書かれていたのだが、その本について、僕は「音楽の造詣もさることながら、坂本氏は大変な読書家でもあるということを知った。音楽の世界を深めるという意味でも、社会を広く知るという意味でも、小学生時代から読書家だったというのはプラスに貢献していると思う」という感想を述べている。

坂本龍一が小学生時代から読書家だったのは、家に多くの本があったからだ。誰が持ち込んだのかといえば、お父さんが河出書房の名物編集者だったからである。そう、本日ご紹介の1冊の主人公、坂本一亀のことである。

本書は、息子・坂本龍一からの依頼を受けて、父・坂本一亀の元部下である編集者が、各所に保管されてきた膨大な資料を紐解き、新鋭作家を発掘し、書き下ろしの孤独な作業に編集者として寄り添って作品を世に出し、戦後派作家を次々と世に送り出していった河出の名物編集者の評伝としてまとめたものである。この元部下も相当こき使われたようで、坂本一亀を全面肯定しているわけではなく、事実を淡々と述べ、坂本に言われたこと、言われて実際にとった行動などを並べている。評伝というのはこうやって書くのだというのを改めて確認できる1冊だ。

また、親友から聞いたところでは、河出書房新社にはこれらの作家の残したメモだの書簡だのゲラだのといった膨大な史料が保管されているようで、著者はそういうのも紐解いて、丁寧に資料を取り上げて評伝にまとめていっている。坂本一亀の評伝としてまとめられているが、坂本と交流があり、本書で搭乗する多くの戦後派作家がブレークするきっかけとなる作品が、どのように生まれてきたのか、その誕生秘話を知ることができる本でもある。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

『あの素晴らしい曲をもう一度』 [読書日記]

あの素晴しい曲をもう一度―フォークからJポップまで (新潮新書)

あの素晴しい曲をもう一度―フォークからJポップまで (新潮新書)

  • 作者: 富澤 一誠
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/01/01
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
誰もが口ずさむ名曲には、意外なドラマや秘話が詰まっている。最初は300枚しかプレスされなかった「帰って来たヨッパライ」、原題は「王手」だった「関白宣言」。軟弱者扱いされた井上陽水、奇異で異質な存在だったユーミン―。フォークからJポップまで、現場で見つめ続けてきた筆者が綴る五十年史。読むだけでメロディーが浮かぶ「名曲ガイド50」付き。

この週末は仕事上スタンバイを強いられる時間帯があったので、待ち時間にちょっと読もうと思い、手ごろな新書のキンドル版をダウンロードすることにした。6月はいろいろ忙しかったのでちょっとお休みしていたのですっかり指の皮が軟らかくなってしまったが、昔買ったフォークギターをこちらに持って来ていて、暇を見つけては練習にいそしんでいる。

練習しているのは1970年代フォーク。バンバンやNSP、風などのナンバーである。ありていに言ってしまえばFコードで挫折した中学時代のリベンジ。従って、1976年から80年代頭にかけて聴いていて、自分で弾けるようになりたいと思っていた曲を練習している。どこかで披露する予定があるわけではない。こんな時代の曲を知っている人は当地ではそんなに多くないだろうし。強いて言えば頭の体操。左手指を動かすことで、少しは脳の老化を食い止められたらいいと思う。自分がブータンを離れる日までに、ギターは誰かに売っていくつもり。

それで、自分が練習中の曲が生まれた時代と作品の背景を少し知っておこうと思い、本書を読んでみることにした。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

『「完璧なリーダー」は、もういらない。』 [読書日記]

宇宙兄弟 「完璧なリーダー」は、もういらない。

宇宙兄弟 「完璧なリーダー」は、もういらない。

  • 作者: 長尾 彰
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2018/03/20
  • メディア: 単行本
出版社からのコメント
本書は、20年にわたり3000回のチームビルディングを支援・促進してきた著者が、「自身とチームで成果を出す」方法を紹介するリーダーの教科書です。
◎完璧なリーダーはいらないこと
◎率先垂範、完璧なリーダーを目指す代わりに、肩の力を抜いて、あなたらしいリーダー像で支援的・促進的に他者と関わること
◎等身大のあなたらしいリーダーシップを活かすことでチームを作ること
この3つを理解し、実行するだけで、誰もがリーダーになることができます。
「リーダーたるもの優秀なければならない」という呪縛に苦しんでいる人にもおすすめです。

この週末、久し振りにフルタイムのオフを取ることができた。疲れがたまってきていたので、ちょっと胸の苦しさを感じていた。土曜日は全く外出せず、一日中家にいた。で何やってたかというと、動画サイトで『宇宙兄弟』を見まくっていた。

動画サイトで見るのは初めて。実はこのテレビアニメ、2012年から2014年にかけて放映されていた頃、最初は朝の放送だったので朝見ていて、2013年1月から放送時間が土曜夕方に変更になった後は、それが道場での剣道稽古前だったため、自宅でスタンバイしていてかなりの部分は見ていた。最終回までは見た記憶がなく、Wikipediaで調べてみたところ、見るのをやめたのはどうやら僕がクソ忙しい部署に異動になった前後だというのがわかった。きっと余裕をなくしていたんだろうな。

今さらなんで『宇宙兄弟』かというと、この多忙な2週間の間に、僕は当地での知人から本書を薦められ、実際に今週になってキンドルで読んでみたというのがある。その方は当地でリーダーとしてのお仕事についておられる方で、急にリーダーと呼ばれるようになって、どうあるべきかを考え、リーダーシップについて書かれた本を幾つか読まれたようである。それで僕にも数冊薦めて下さったのだが、その中の1冊が本書だったという次第。いちばんとっつきやすそうだったから、最初に読んでみることにした。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

STEM教育の参考書 [読書日記]

The Invent To Learn Guide to 3D Printing in the Classroom: Recipes for Success (English Edition)

The Invent To Learn Guide to 3D Printing in the Classroom: Recipes for Success (English Edition)

  • 出版社/メーカー: Constructing Modern Knowledge Press
  • 発売日: 2014/06/01
  • メディア: Kindle版
内容紹介
本書は3Dプリンティングの驚くべき世界を自分達の教室に紹介することに関心を持つ教育者にとって不可欠なガイドブックである。 エキサイティングな技術、パワフルな新しいデザインソフトウェア、さらには初めて3Dプリンタを購入する際のアドバイスも学べる。本書は、現場の教師が試行した様々な段階的な教室での制作プロジェクトの実戦経験から来ている。 18の楽しくチャレンジングなプロジェクトは、科学技術、工学、数学、そして視覚芸術とデザイン等の分野に新たに挑戦していくものである。

ファブラボ・ブータンを訪れて、自分なりに3D CADソフトの操作をしていて、わからない時に困るのは、自分の直面している問題点を英語で説明することの難しさと、それをファブラボのスタッフが理解してくれて一生懸命説明してくれる英語がよく聴き取れないことである。僕のCADソフトは日本語環境で使用しているので、言われたコマンドがどれを指すのかがわからず、教える方も教わる方もお互いストレスをためるケースがちょくちょく起こる。

そういうのを少しでも解消したいと思い、それならものづくりの教科書的な英文書籍を読んで、CADソフトやフロントエンドソフトで用いられるコマンドの英語名と操作の英語表現を多少学んでおこうと考え、本書は読み始めた。本書で使用される2D CADソフトは主にはInkscape、3D CADはOpenSCAD、Meshmixer、SketchUp Make等のフリーソフト使用を前提に書かれている。3D プリンティングにかける対象物は18種類にも及び、その一端は表紙のデザインでご想像いただけると思う。それぞれどのソフトをどう組み合わせて、どのような操作で印刷にまでたどり着くか、丁寧過ぎない適度な説明で描かれている。日本の独習書はものすごく分厚いが、本書は200頁ぐらいしかない。グラフィックの占めるスペースは意外と少なくて、操作法に関する欧米の独習書って、こんなにサラッとしているのかとちょっと驚いたりもする。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

起業の本再読2冊 [読書日記]

1万円起業 文庫版

1万円起業 文庫版

  • 作者: クリス・ギレボー
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2015/04/25
  • メディア: 文庫

今月上旬に読了してブログでも記事としてご紹介した、Chris Guillebeau著『The $100 Startups』の邦訳である。原書を読み始めた時、既に邦訳が出ている本だとは知らず、必死でペーパーバックを読み込んだ。その記憶がまだ残っているうちに、復習の意味でさらっと読んでしまおうと考えた。

ただ漠然と読むだけでなく、備忘録的に残しておきたい引用も幾つかある。以下は、ブータンで常々感じていた、①ブータンに起業文化を根付かせるためのハードル、②ブータンで当たり前に論じられている「金融アクセスを改善しさえすれば起業は盛んに行われるようになる」という議論へのアンチテーゼということで取り上げさえてもらう。

◇◇◇◇

思いついてから起業するまで、現在でも100ドル(1万円)未満の資金と、1カ月足らずの期間があればいい

もっとも簡単な方法は、人が何を望んでいるのかを先に突き止め、それを提供する手段を見つけることだ。

前に進めないのは怖気づいているせいだ。

彼らから学ぶべきいちばんのポイントは、永遠に考え続けたり、将来の計画でバインダーをいっぱいにしたりぜずに、とにかく行動したことだ。

起業時の借金、あるいは多額の投資は、必ずしも必要ではない。(中略)借金は、リスクを抑える手段があり、自分がやっていることをよくわかっている場合だけ許される、望ましくない選択肢だと肝に銘じておこう。

マイクロビジネスを始めるのはきわめて簡単だ。だから、ビジネスのやり方を心得るまで、あるいは心得ない限り、マイクロビジネス以外に手を出すのはやめたほうがいい。スモール・イズ・ビューティフル。たとえ大規模なビジネスをするだけの資金があるとしても、小さいほうがメリットのある場合が多い。

起業資金を借りるより、まずはお金が入るようにすることのほうがはるかに大切だ。

自分が学んだ最高の教訓は、たとえ善意ある友人からのものであってもアドバイスを無視すること

競争など外部の要員以上に手ごわい敵は、心の中にある恐れや無気力だ。幸い、これらの敵は自分の力でねじ伏せることができる。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『オープンデザイン』 [読書日記]

オープンデザイン ―参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」 (Make: Japan Books)

オープンデザイン ―参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」 (Make: Japan Books)

  • 作者: Bas Van Abel, Lucas Evers, Roel Klaassen, Peter Troxler
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2013/08/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
オープンソフトウェアにはじまったオープン化の流れは、コンテンツ、ハードウェアを経て、いま「デザイン」にまで及んでいます。本書は、主にプロダクトデザイン分野を対象に、この「オープンデザイン」という考え方について、さまざまな筆者による論考や事例の紹介などを通じて解説する書籍です。インターネットを通じたデータの共有や、ダウンロードしたデータを手元で実体化できるデジタルファブリケーション技術などによって、かつてないほどデザインの共有、改良、製作が容易になっています。そのような背景をもとに、デザインという行為、そしてデザイナーという職業がどう変化すべきなのか、について考えます。日本語版では、翻訳チームによる論考と事例の追加などのアップデートを行いました。

今、僕の書棚に眠っているものづくり関係の書籍には、取りあえず目を通してしまおうと取り組んできているのだが、その中でも最も手ごわく、後回しにしてきたのがこの1冊だった。人から薦められたのだが、4000円近くもするので新品を購入する気にもなれず、中古本が出回るのを待ってから購入した。元々はオランダのデザイナーが執筆した論考集で、収録されている各論考の英語版は、下記ウェブサイトからダウンロードできる。
http://opendesignnow.org/

ということは原書はタダだったわけで、その邦訳を出すにあたってオープンにならず、結構高額の価格設定にされたのには、何らか理由があるのだろう。勿論、単に原書の邦訳だけでなく、日本人の研究者や実践者による論考も追加されているので、そうやって付加価値を付けてこの価格設定になったというのはあったに違いない。翻訳にもそれなりの時間もかかったであろうし。

ただ、元々が複数の研究者や実践者による論考の寄せ集めなので、なぜそういう目次構成になったのかとか、各々の章が全体とどのように関連付けられているのかとか、要するに全体を概観し各論との関連づけを論じる章があるようでなかったので、正直言うとものすごく読みにくい本になっていた。勿論僕自身が理解する素地があまりなかったという点は認めるが、なんだか、知っている人が知っている人だけに読んでもらえればいいというぐらいの割り切り方で書いたのではないかと思えて仕方がない。

また、本書の所々に英語でキーワードが挿入されているが、それを元にどこに飛んだらいいのかもわからず、逆に巻末にあった口絵集も、所々「~ページ」とあったのでそのページに戻ってみると、その口絵とどう関係しているのかよくわからぬ記述になっていたりもした。「本書の読み方」的な解説が1ページでもあれば、もう少し別の読み方ができたのかもしれない。編集自体はあまり読者に優しくはない。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『The $100 Startup』 [読書日記]

The $100 Startup: Fire Your Boss, Do What You Love and Work Better To Live More

The $100 Startup: Fire Your Boss, Do What You Love and Work Better To Live More

  • 作者: Chris Guillebeau
  • 出版社/メーカー: Pan Books
  • 発売日: 2015/01/15
  • メディア: ペーパーバック
内容紹介
Change your job to change your life You no longer need to work nine-to-five in a big company to pay the mortgage, send your kids to school and afford that yearly holiday. You can quit the rat race and start up on your own - and you don't need an MBA or a huge investment to do it. The $100 Startup is your manual to a new way of living. Learn how to: - Earn a good living on your own terms, when and where you want - Achieve that perfect blend of passion and income to make work something you love - Take crucial insights from 50 ordinary people who started a business with $100 or less - Spend less time working and more time living your life

2016年、何かの機会に一時帰国する際、バンコクの空港の売店で買ってしまった本。僕もそろそろブータンでの生活も手仕舞いを考えなければならない段階に来ているので、在庫整理のために積読状態の書籍を減らすのに取り組んでいるが、その一環として読み切った。国際空港で売られているぐらいだから、多分ベストセラーだったのだろう。先日のカトマンズ再訪時にも携行して、時間を見つけてはコツコツ読んで、ブータンに戻ってきた直後に読了できたが、ブログで紹介記事を書こうとして調べてみると、なんとこの本、既に邦訳も出ていた!な~んだ、って感じだが、英語の勉強にはなるので良しとする。

内容をちゃんと事前確認せずにタイトルだけで購入しちゃったこのペーパーバック、てっきり著者個人の体験談に基づく指南書だと思って読み始めたのだが、実際のところ手持ち資金100ドル前後で本当に起業を成功させた多くの企業家の体験談を地道にリサーチして、共通項をうまくまとめられていたいい本だと感じた。登場する多くの企業家は、元々企業家を志してそうなったというわけではなく、日々の生活に窮してちょっとした打開策を打ち出したとか、何かしていて閃いたとか、その類のものだったようだ。しかも繰り返しになるが、最初から大きな資金調達をして事業を始めたわけでもなく、平均すると100ドルから1000ドルの範囲からスタートしている。

これは非常に起業に対する心理的ハードルを下げるものだといえる。読んでる僕自身でも、この本読んでて何か始められるんじゃないかと思ったくらいだ。根拠はないけど…(苦笑)。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法』 [読書日記]

フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法

フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法

  • 作者: 山田 竜也
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2018/01/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容(「BOOK」データベースより)
フリーランスが持つ3つの「自由」:時間の自由、仕事の裁量の自由、収入の自由、をコントロールし、そのメリットを最大限に活かそう!

人づてで聞いて評判が良かった本だったので、珍しく買ってみた。今自分は「フリーランス」という立場ではないが、年齢的にいって会社の中でもそれほど先がある立場でもないので、少しぐらい独立した場合のことを想定しておこうと思って読んだ。正社員でも副業やるケースはあると思うので、それも考えれば参考になるところもあった。今すぐでないにせよ、著者が独立してすぐに借りた事業資金の借入先とか、消費税の節約方法とかは、自分がそうなる場合には考えておきたい。ただ、著者がフリーランスになった時の年齢と、今の僕の年齢は明らかに違うから、著者の経験が即参考になる保証もないと思う。それに、所属する業界も違うしね。

実は、本書を読んでヤバいなと思ったことが1つだけある。それは、著者がフリーランスになってうつ病を自覚した時のエピソードである。「当時は馬力が出ず、思考もすべてネガティブでした」というくだり、おいおい、今の僕と似てるんじゃないですか!馬力がかからなくなってから1カ月近くが経つし、最近は少しばかり思考もネガティブになっている。ひょっとして、うつ病予備軍か!? もちろん、僕がよく言う、最も精神的にきつかった2007年2月よりはまだまだ逆境を跳ね返す気力はあるのだが、気を付けないとと思った。

なので、著者がやられたように、「生活習慣リスト」で毎日の日課を書き出して、それを片付けることをノルマとすることにした。5個から10個ぐらいということなので、言わずもがなで励行していることは除外して、5項目程度で始めてみることにした。どうなるかは乞うご期待。


タグ:山田竜也
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:

ソトコト2018年5月号「人の集まっている場所のつくり方」 [読書日記]

ソトコト 2018年 5月号 Lite版 [雑誌]

ソトコト 2018年 5月号 Lite版 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: 木楽舎
  • 発売日: 2018/04/05
  • メディア: Kindle版
内容紹介
【特集】人が集まっている場所のつくり方~なぜそこに人が集まるの? 答えはここに!
地域に行くと気になるお店や施設が増えました。そんな中でも最近は「よろず性」の高い場所が生まれています。「よろず性」とは、カテゴライズされない包容力と“横断力"のこと。本業はカフェであったり、イベントスペースだったり、バーだったり本屋だったりするのだけれど、そのときの気分や、参加する人たちの嗜好や時間の移ろいなどで、かたちを変えて、人が吸い寄せられる場所。「よろず性」のある場所には、世代を超えてさまざまな人たちが関わり、まちが幸せになるおもしろいプロジェクトが誕生しています。今、人が集まっている場所には、新しいパワーがあります。全国の人が集まっている場所と、そのつくり方の特集です。

先週末、ティンプー、パロの1つ先の谷にあるハに行って、民泊を経験してきた。たまたまその宿泊先にブータン観光評議会(TCB)の方を含む何人かのエコツーリズム振興に関係しそうな方々が止まっておられたので、ボカリ(ストーブ)を囲みながらいろいろなお話を聞くことができた。

「JICAがビジターセンターをハに作ってくれたので、それが完成したらハもお客さんが増える」と、日本人の僕に対して感謝する声が多かった。このハのビジターセンターのことを日本では「道の駅」と称しているらしい。まあ名称はともかくとして、ハで会った多くの人が、「ビジターセンターができればもっとお客さんが来てくれる」という、受け身の楽観論ばかりを仰っているのが気になった。一度で訪問された人ならお分かりかと思うが、ハは閑散とした農村であり、市街地もあるにはあるが、歩けば5分で通過できてしまう。週末の野菜市場を除けば、人が大勢集まるようなこともない。観光客にしても、パロ、ティンプー、プナカの次じゃないと名前が挙がって来ないところだ。

この優先順位を変えさせる営業努力をしないと、観光客はハまでは来ない。特に、日本人の場合、欧米人よりもブータンでの滞在日数が少し短いため、余計にハにまで足を運ぶ時間的余裕がない。そういう状況の中で、「日本人もっと呼んできてよ」と振られてもね~。受け身の楽観論の根拠が僕にはよくわからない。

そんな中で、今週、『ソトコト』の最新号をキンドルで購入し、息抜きで読んだ。特集内容に惹かれたので即買いした。買って十分元が取れるぐらいに豊富な情報だと思う。特集で紹介されていた日本各地の取組みは以下の通りである。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『メイカーズ』 [読書日記]

Makers

Makers

  • 作者: Cory Doctorow
  • 出版社/メーカー: HarperCollins
  • 発売日: 2010/07/08
  • メディア: ペーパーバック
内容紹介
我々の未来はどうなるのか?『リトル・ブラザー』を世に放った作家が新たに送る経済の終焉に関するオリジナル小説。ペリーとレスターはあらゆるものを発明する。トーストを作る貝殻ロボット、車を運転するブギウギ・エルモ人形。彼らはまったく新しい経済システムを創り出す。 「ニューワーク」は、テクノロジー時代のニューディールだ。そこに、裸足の銀行家たちは、ペリーとレスターのようなハイテク共同創業者の間を往来し、少額の投資を始める。彼らはともに国を変え、ジャーナリストのスザンヌはそれを文章にして発信を試みる。しかし、新しい経済システムは全く新しい信頼の体系を必要とし、そこには反対者もいる。ニューワークの破綻は、ドットコムの爆弾をさく裂させ、まもなくペリーとレスターは資金不足になり、失業する。落ちぶれても彼らはそこに留まらず、自分たちが最もうまくやれることに回帰する。そこに現れたのが、ディズニーのエグゼクティブ。再び急上昇する彼らの人気に嫉妬し、3-DプリンタがAK-47の「印刷」に使用されていることを警察に通報し、事態は再び悪化する。彼らの運命は?

先月、鳥飼玖美子先生の著書『本物の英語力』を紹介した際、それをきっかけに、舌ならしのために手元にあった英語の小説の音読を始めたとお知らせした。そこで取り上げた小説が、コリイ・ドクトロウの作品で、訳本が出ている『リトル・ブラザー』を2015年に読んだ際、訳本が出ればいずれ読みたいと書いていた『メイカーズ』だった。但し、訳本は未だ出ておらず、原書をキンドルで読んだものだ。

長かった。3週間かかった。音読の素材にしていたのだから、黙読に比べても読むスピードは遅い。それにこの本はペーパーバックだと600頁近くもある大作であり、キンドルだと「%」で示されるページ進行が、非常に遅くて大変だった。キンドルで6頁ぐらいフリップしないと1%にならないのだ。だから、最初の頃は1日でも1%進めるのが関の山だった。二度の週末に頑張ってそれぞれ30~40%読み進めるような力技も駆使して(お陰で1日中読書していた日も)、なんとか最後まで読み切った。

そうして、少なくともその間に出てきた単語のいくつかは、自分が同時進行で執筆に取り組んでいた論文の中で使ってみることにした。ちょうど同じような文脈があったからだが、こうやってアウトプットの機会を組み合わせながらインプットをしていったら、語彙は増えるなと実感したところでもある。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 読書日記 ブログトップ