So-net無料ブログ作成

『麒麟児』 [読書日記]

麒麟児

麒麟児

  • 作者: 冲方 丁
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: 単行本
内容紹介
『天地明察』の異才が放つ、勝海舟×西郷隆盛! 幕末歴史長編!慶応4年3月。鳥羽・伏見の戦いに勝利した官軍は、徳川慶喜追討令を受け、江戸に迫りつつあった。軍事取扱の勝海舟は、五万の大軍を率いる西郷隆盛との和議交渉に挑むための決死の策を練っていた。江戸の町を業火で包み、焼き尽くす「焦土戦術」を切り札として。和議交渉を実現するため、勝は西郷への手紙を山岡鉄太郎と益満休之助に託す。2人は敵中を突破し西郷に面会し、非戦の条件を持ち帰った。だが徳川方の結論は、降伏条件を「何一つ受け入れない」というものだった。3月14日、運命の日、死を覚悟して西郷と対峙する勝。命がけの「秘策」は発動するのか――。幕末最大の転換点、「江戸無血開城」。命を賭して成し遂げた2人の“麒麟児”の覚悟と決断を描く、著者渾身の歴史長編。

皮肉なもので、帰国して最初の仕事は、日本史の学び直しとなった。僕の日本史といったら、政治史に関しては徳川三代将軍・家光の頃で終わっているし、幕末から明治・大正・昭和に至る近現代の歴史といったら、イザベラ・バードら外国人による日本旅行記か民衆史、あるいは仕事で集中して読んだ繊維産業の歴史ぐらいの読書しかしていない。政治外交史というのは、僕にとってはまったく不勉強だった領域だ。

それを今さら学術書を読んでにわか勉強したって、有識者はおろか、今の仕事に以前から関わっておられた関係者の方々には遠く及ばないし、政治外交史のエキスパートになるわけではないから、大雑把にではあっても政治外交史はつかんでおいて、自分の勝負は別の場で行うというのが、知識弱者である僕の戦術だと自覚する。

そこで考えられる方法論は2つある。1つは、引き続き自分の関心のある近現代史の領域で自分の理解を深めることであるが、もう1つは、自分にとっては不勉強な近現代の政治外交は、それを扱った小説を読むことでお茶を濁すというものである。特に、幕末から明治初期は、小説で扱われることが多い。海音寺潮五郎は西郷隆盛が登場する作品をライフワークとして度々発表したし、他にもかなりあるだろう。

ということで、本日ご紹介する小説は、冲方丁の『麒麟児』である。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

『奇跡のものづくり』 [読書日記]

奇跡のモノづくり

奇跡のモノづくり

  • 作者: 江上 剛
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2011/09/01
  • メディア: 単行本
内容紹介
世界に冠たる日本の技術を支える人たちは、何に悩み、何に挫折し、何に希望の光を見出したのか?日本再生に今こそ必要な人生哲学、仕事観がここにある!GDPがついに中国に抜かれ第三位に転落した日本。デフレ基調の不景気に歯止めがかからぬなか、国内産業は東日本大震災で未曽有の危機に直面している。しかし、意外にも業績が好調で、将来展望の明るい企業はまだまだ沢山あるという。なかでも、日本固有の技術、日本人ならではの気質を活かした製造業が元気だ。銀行員時代から数多くの事業・企業経営を客観的に眺めてきた著者が、「日本再生に今こそ必要な人生哲学、仕事観」を追い求めて、全国各地の製造業を徹底取材。伝統的産業から最先端企業まで、生産現場で汗する“仕事人”たちを訪ね、その世界基準といわれる技術や販売戦略を、時に熱く、時にクールに臨場感豊かにレポートする。効率化でもコストダウンでも利益極大化でもない……夢中になれば道は拓かれる!経済小説の旗手が描く血湧き肉躍るヒューマンドキュメント。日本再生に今こそ必要な人生哲学、仕事観がここにある!

昨日ご紹介した『ハードウェア・スタートアップ~』と同様、「ものづくり」ということでは本書も半年ほど前から読みたい本のリストに挙げていた。アマゾンの内容紹介を読む限りでは、知らない会社もないわけではなかったが、名の知れた会社も結構紹介されている。いずれも個人のスタートアップではなく、従業員がそこそこいる中小から大手企業なので、その点では慌てて読むべき本ともいえず、日本に戻ってきてから読もうと決めていた。

これくらいの頑固さと根気が必要なのだというのはよくわかる。そういうのが乏しい国で暮らしていたので、この点での日本人の凄さというのを感じるには本書はとても良い。こういうこだわりの部分を、外国の人には是非知って欲しいと思う。これくらいの根気が必要なんですよ。何事もそんなに簡単には成功は得られない。

粋を極めた技術なので、取材して文章に落し込む著者にも、描写で難しいところも相当あったに違いない。よく取材して、よく学んで描かれていると思う。

一方で、とはいってもこれからが大変だろうなという気もしてしまった。本書が出た2011年頃と比べても、今は至るところで「人手不足」というのが足かせになってきているように思える。本書で紹介されていた企業の中でも、後継者が既にいるケースはいいとしても、技術の継承、事業の持続可能性についてあまり触れられていないケースもあった。それ、8年後の今はどうなっているのだろうか。気になった。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

『会計の世界史』 [読書日記]

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語

  • 作者: 田中 靖浩
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2018/09/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容(「BOOK」データベースより)
「会計ギライ」の方を悩ませる、数字および複雑な会計用語は一切出てきません。「世界史ギライ」の方をげんなりさせる、よく知らないカタカナの人や、細かい年号もほとんど出てきません。登場するのは偉人・有名人ばかり。冒険、成功、対立、陰謀、愛情、喜びと悲しみ、芸術、発明、起業と買収…波乱万丈、たくさんの「知られざる物語」が展開します。物語を読み進めると、簿記、財務会計、管理会計、ファイナンスについて、その仕組みが驚くほどよくわかります。

見た目の分厚さに相当躊躇したが、図書館で見かけて借りてみることにした。400頁以上あったが、意外とサクサク読めて、通勤で持ち運びする日数も少なめで済んだ。

「会計と歴史をエピソード満載に組み合わせ、新しい物語をつくる」というのが本書の目的だったようだが、これを読んで簿記会計やファイナンスをもっと深く理解しようとするかどうかは僕自身はわからないが、息抜きとして読むには最高の1冊ではあった。

第1部は、帳簿と会計が登場し会計の基礎が誕生した、16世紀のイタリアから17~19世紀のオランダのお話。銀行、簿記、会社組織等の誕生の歴史を、時代を彩った有名な絵画のエピソードを絡めて述べている。

続きを読む


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:

『アウトプット大全』 [読書日記]

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

  • 作者: 樺沢紫苑
  • 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版
  • 発売日: 2018/08/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
発行部数37万部突破! Amazonビジネス実用カテゴリー1位! 説明・アイデア・雑談・交渉など……すべての能力が最大化する。日本一情報を発信する精神科医が贈る、脳科学に裏付けられた、伝え方、書き方、動き方。
「メルマガ、毎日発行13年」「Facebook、毎日更新8年」「YouTube、毎日更新5年」「毎日3時間以上の執筆11年」「年2~3冊の出版、10年連続」「新作セミナー、毎月2回以上9年連続」……日本一アウトプットしている医師である、ベストセラー作家・樺沢紫苑が圧倒的に結果が変わる「アウトプット術」を大公開。

書店店頭とかキンドルのおススメ本リストとかを見ていて、なんとなく気になっていた本。図書館で借りて読み始めるまで、これが樺沢̪紫苑の著作だと気付かなかった。樺沢紫苑と知って、内容の想像がついた。彼の著書、『読んだら忘れない読書術』で読んだことを、忘れていなかったからだ。この本を読んだ後、僕は自分のブログで、「本に書かれた内容を効果的に記憶に留めるのに、僕の取り入れている実践があながち間違いではなかったのが確認できたという点で、本書は読む価値はあったかなとは思う」とコメントしている。しかも、この本でも、キーワードは「アウトプット」と「スキマ時間」だと述べていた。

本日ご紹介の1冊は、そのうち、「アウトプット」の方を掘り下げて書かれたもので、おそらく『読んだら忘れない~』を書かれた時点で、次は「アウトプット」で掘り下げようという構想が著者の頭の中にはあったのではないかと想像する。「スキマ時間」の方は、2017年に出された別の著書の中で詳述されているようだし。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『NEW POWER』 [読書日記]

NEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろ

NEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろ

  • 作者: ジェレミー・ハイマンズ、ヘンリー・ティムズ
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2018/12/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
いまや、1、2年前とくらべただけでも世界が激変し、「個人でできること」の幅が大きく広がっている。そんないま「身につけるべきスキル」「意味のなくなったスキル」とは?いつでも誰とでも「つながれる」環境の中、いま何が起こっていて、あなたは一体何をすべきなのか?世界は変わってしまった――。新しい時代の「人生と働き方のルール」!20世紀は、大手企業、大組織、政府などが権力を持つ「オールドパワー」の時代だった。だがテクノロジーの発展の結果、いまや大組織がパワーを溜めこむことは不可能となった。21世紀は、個人が権力や影響力を持てる「ニューパワー」の時代だ!

2月、3月はほとんど読書らしい読書はできず、キンドルで購入してあった「積読蔵書」は、最も後回しになった。でも、キンドルにダウンロードしてある蔵書は、帰国して真っ先に読み込み開始することができる。その後図書館で借りて読み始めた小説もあったが、東京での通勤生活を再開し、真っ先に読み始めたのは本書であった。小説はもっぱら週末に自宅でよむための本である。

この本の宣伝文句に惹かれて、キンドル版もあるからと即購入してしまったのだが、この本に惹かれる理由は、この共著者の2人、自身で大きなムーブメントを起こしたり資金調達を成功させたりといった実績を持った人々で、でも自分達だけが特殊なのではない、今は個人ででも大きな影響力を発揮することが可能な時代で、読者の僕たち一人一人にもその可能性があるのだと言ってるからだと思う。

アマゾンの紹介ページには、「オールドパワーは少数の人間が貨幣(カレンシー)のように溜めこめるものだった。だが、ニューパワーは多数の人間が生み出すもの。それは潮流(カレント)の性質を持ち、どっと流れるときに巨大な力を発揮する」とあった。テクノロジーが発展して、個人同士が繋がり合い、お互いに影響を持つことでさらにより多くの人を巻きこみ、大きなパワーを発揮することが可能になる時代なのだという。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『家庭の科学』 [読書日記]

家庭の科学 (新潮文庫)

家庭の科学 (新潮文庫)

  • 作者: ピーター・J. ベントリー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/01/29
  • メディア: 文庫
内容紹介
寝坊する。シャンプーですべって転ぶ。パンを焦がす。ガソリンと軽油を間違える。カーペットにワインをこぼしてしまう。電子レンジで水を沸かしたら爆発した! ――朝から晩まで、あなたが日常生活で遭遇する小さなアクシデントの数々。なんでそうなるの? どうすれば防げるの?科学がみんな教えてくれます。一家に一冊。あなたの「なぜ?」に答えます!『不運の方程式』改題。

3月26日、ブータンをたち、日本に戻った。預入荷物は20kgオーバーで約4,000ニュルタムだった。相当な荷物を預けてしまったので、機内持ち込みしたのはバッグパックとビジネスバッグのみ。読んだ本は2冊のみだった。

先ず読んだのは、結局離任前に積読を解消できず、日本に持って帰らざるを得なくなった文庫版のこの1冊。『家庭の医学』をもじったと思われるタイトルで、僕らがほぼ忘れていた数々の「あるある」出来事を、科学的に解説している1冊である。主人公は朝からトラブル連発。その中身といったら上記内容紹介でも触れたようなものばかり。そのトラブルに引っ掛けて、なぜ人はそういうトラブルを引き起こすのか、どうしたら解決できるのかを科学的に解説する。解説があるから同じトラブルが避けられるのかというと、そういうわけでもない。薀蓄が語られているだけなのである。

でも、面白い。こういうタイプの本を読むのも久々で、忘れていた科学の原理を思い出させられたり、普段何気なく癖のようにやってしまっていたことが実は良くなかったというのがわかったりと、役には立つ。例えば、僕は低温やけどやマラソン走ってできた水ぶくれをすぐに針で突いてつぶそうとしてしまうが、これは本当はやってはいけない行為だったらしい。

一方で、ガムが髪に付いてしまった時に、僕が昔やったのは髪をはさみで切ることだったが、今もし同じようなことがあれば、ガムを温めるか油で拭き取る方法を試みるだろう。昔、ガムが口の中にある間にチョコレートを頬張ったところ、いつの間にかガムが溶けてしまったということもあったので。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『図書室の海』 [読書日記]

図書室の海 (新潮文庫)

図書室の海 (新潮文庫)

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/06/26
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
あたしは主人公にはなれない―。関根夏はそう思っていた。だが半年前の卒業式、夏はテニス部の先輩・志田から、秘密の使命を授かった。高校で代々語り継がれる“サヨコ”伝説に関わる使命を…。少女の一瞬のときめきを描く『六番目の小夜子』の番外篇(表題作)、『夜のピクニック』の前日譚「ピクニックの準備」など全10話。恩田ワールドの魅力を凝縮したあまりにも贅沢な短篇玉手箱。

恩田陸、2作目。『夜のピクニック』の前日譚が含まれているというだけで読んだ。主人公の2人については名前も同じだが、あとの登場人物の名前が違っていたし、ちょっと設定も変えられていた。目当てがそれだけだったので、余計に気になったのだが、こういう、前日譚から登場人物の名前を変えたり設定を変えたりしたのにはどういった理由があるのだろうか?

それはともかくとして、この短編を最初から一つ一つ読んでいって、気付いたことがある。読みやすい。基本ホラー作品が並んでいるので、読み進めていくうちに何が何だかよくわからなくなるのだが、少なくとも文章を目で追っていく上では、非常にテンポよく読める印象だった。

それが何か気付いたのは、中盤の「ピクニックの準備」の後、「国境の南」を読んでいた時だった(遅いよ)。そういう視点で他の作家の作品を読んだことがないから自信がないが、多分、1つ1つの文が短く区切られているからだと思う。単文が2行に及ぶことがほとんどない。また、その割に比喩などをするときには3つほどの短い単文を並べて、テンポよくかつインパクトも出している。

恐るべし―――。これは非常に勉強になった。文章は小刻みに区切っていかないといけない。

但し、僕は自分の読書遍歴を振り返っても、ホラー作品にはほとんど縁がない。従って、こういう作品の味わい方については少し悩んでしまう。『夜のピクニック』からホラー作品に入ると、戸惑うことだろう。『夜のピクニック』っぽい、高校が舞台の作品もあるが、途中からやっぱりホラーになってしまう。これについていけてない自分がいる。表題にもなっている「図書室の海」なんて、最初の凪状態からの展開の急に、戸惑ってしまった。

オジサンが読むにはかなりしんどい―――。

ただ、1編が30頁程度だから、毎晩の睡眠導入用の読書には結構向いてる。本書は読了までに1週間かかっているが、一気に読めなかったのは途中で寝落ちした夜が何度かあったから。それやっちゃうと数ページ戻ってもう一度読み直す手戻りも起きる。

恩田作品、今後もそんなに読むとは思えない。『蜂蜜と遠雷』ぐらいでとどめておこうと思う。
タグ:恩田陸
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

再読『夜のピクニック』 [読書日記]

夜のピクニック (新潮文庫)

夜のピクニック (新潮文庫)

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/09/07
  • メディア: 文庫

2016年10月30日以来の再読。

2年連続で玉砕しているブータン国際マラソン。今年は3月2日開催だが、性懲りもなくまた申し込んでしまった。リベンジが目的ではない。今回に関しては、思い出作りを目的として、コース大半は早歩きで行くつもりでいる。21km、目標は3時間。離任してしまえばわざわざまた走りに来ることはないと思う。最後の景色、今回は楽しみながら行こうと心に決めている。

その景気付けに読もうと思ったのが、夜を徹して80kmを歩き通すという、高校のイベントを扱った恩田陸作品。最近、小説をあまりにも読んでないので、たまには息抜きしたいと思って年明けに読み始めたのだが、30頁ぐらいのところでストップしてしまい、その後仕事が忙しすぎてずっと読めずにいた。読書再開はこの週末。他にやりたかったことを全部パスして、5時間ほどかけて一気に読み切った。

読みながら感じたのは、①多くのものを覆い隠してくれる夜間の歩行というところ、②これだけ長い時間を集団で、でも微妙にばらけながら過ごすところ、そして、③ゴールが切られているところ等、歩行祭というのはいろいろな物語がうまれやすい状況設定だということだった。こういうのが自分の高校にもあったら、自然と誰かに長らく秘めた思いを伝えるチャンスは到来したかもしれないし、そうでなくても多分高校生活の中で最も長い時間をその相手と共有できたかもしれない。夜間なら相手の目や周りの目も気にならないでオープンになれる可能性も高まるだろう。そして、ゴールがあることで、それまでになんとか実現させなければという思いも生まれるに違いない。

大変な行事だけれど、そういう様々な仕掛けがある行事であり、そういう仕掛けを用意している学校もよく考えられているなと感心もする。

続きを読む


タグ:恩田陸
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『探偵!ナイトスクープWalker』 [読書日記]

探偵!ナイトスクープWalker ウォーカームック

探偵!ナイトスクープWalker ウォーカームック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/12/14
  • メディア: ムック
内容紹介
人気テレビ番組「探偵!ナイトスクープ」放送30周年記念公式本!関西人なら誰もが知っている大人気テレビ番組「探偵!ナイトスクープ」(ABCテレビ毎週金曜23:17~放送ほか)のすべてが詰まった公式ガイドブックが誕生しました!放送を開始した1988年から2018年までの超名作&傑作をドドンと掲載!「全国アホバカ分布図」「パラダイス」「小ネタ集」など名作と共に30周年を振り返ります。さらに、約1500回分の放送日と依頼内容の一覧も掲載の保存版となっています。西田敏行局長や探偵レギュラーメンバー8名の30周年記念インタビューのほか、桂小枝さん、北野誠さん、長原成樹さん、越前屋俵太さんら探偵OBや、岡部まりさんら歴代秘書へのインタビュー、初代プロデューサー・松本修さんと、構成作家でベストセラー作家の百田尚樹さんのスペシャル対談など企画充実、「探偵!ナイトスクープ」ファン必見の1冊になっています!

週末の息抜き読書日記になることをお許し下さい。といっても、この本をキンドルで購入したのは先週末で、それからキンドルで読むには小さすぎる文字と格闘しながら、毎日就寝前の睡眠導入剤として少しずつ読み進め、読了するには1週間を要した。

元々関西には住んだことがない僕が、いったいいつからこの番組を見るようになったのかはまったく思い出せない。うちの弟は京都在住なので、週末を使って京都に遊びに行った時なのかとも思った。このムックには30年間に放送された全ての依頼内容が列挙されているので、それに基づいて京都に行った時期を当たってみたが、どうもそうではなかったらしい。どの依頼内容から記憶があるかというと、1990年1月27日放映分の「屁は燃えるか」だった気がする。この回の「道頓堀カーネルさん情報」も記憶にあるからだ。ということは、僕は当時は名古屋で働いていて週末は岐阜に里帰りしていたので、その頃実家のテレビで初めて見たのかもしれない。

こうして『探偵!ナイトスクープ』なる番組の名前は知ったものの、意識的に見るきっかけとなったのは、1995年からのネパール駐在時代だった。同僚の駐在員に関西出身者がおり、何回かの放送分を録画したビデオテープを大量に持っていて、これを借りて見て、妻と大爆笑していたのである。その後は東京でも数週間遅れで放送されていたのを知って見ていたし、2000年からの米国駐在時も、ビデオレンタルではお世話になっていた。妻と見ていたのが、そのうちに子どもたちも大きくなり、彼らも番組を見ては大爆笑の輪の中に加わるようになってきた。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

『大坂堂島米市場』 [読書日記]

大坂堂島米市場 江戸幕府vs市場経済 (講談社現代新書)

大坂堂島米市場 江戸幕府vs市場経済 (講談社現代新書)

  • 作者: 高槻 泰郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/07/19
  • メディア: 新書
内容紹介
海外の研究者が「世界初の先物取引市場」と評価する江戸時代、大坂堂島の米市場。米を証券化した「米切手」が、現在の証券市場と同じように、「米切手」の先物取引という、まったくヴァーチャルな売り買いとして、まさに生き馬の目を抜くかのごとき大坂商人たちの手で行われていた。このしばしば暴走を繰り返すマーケットに江戸幕府はいかに対処したのか? 大坂堂島を舞台にした江戸時代の「資本主義」の実体を始めて本格的に活写

今、歯の治療のためにバンコクに来ている。でも、結果的には歯の治療は断念した。僕の右上奥歯はこの半年以上の間、断続的に悲鳴を上げており、その度に鎮痛剤を飲んでごまかして仕事してきたが、バンコク病院の歯科センターでは、どの歯が痛みの原因になっているのか特定できないと言われた。それを特定するにはかぶせてあるものをいったん外す必要があるが、それをやるには滞在日数が短すぎるという。僕のブータンでの残りの滞在日数を考えたら、あと4カ月少々我慢すれば本帰国して日本で治療が受けられる。だからバンコクでの治療は断念した。

バンコク病院は日本語が通じると言われてわざわざ予約したが、日本語通訳は追加費用がかかると言われた。結局通訳料をケチった僕は英語で症状を説明したが、これならどこで治療やっても同じではないか。勿論、バンコク病院の施設やサービスは素晴らしいと思うが。

こうして二度にわたって訪れたバンコク病院歯科センターでの治療は肩すかしに終わり、その間、待ち時間を利用して次なる読書にいそしんだ。読んだ本は3カ月以上前にキンドルでダウンロードしてそのまま放置していた1冊。今年年初に日本証券所グループ『日本経済の心臓 証券市場誕生!』を読んでた僕としては、大坂堂島の米市場の取引実態について紹介された今回の本は、絶対外せない1冊であった。

江戸時代の堂島がそんなに凄い市場だったのだというのは、『証券市場誕生!』を読んで知っていたけれど、そこでの説明は割とサラッと書かれていたし、東京証券取引所の博物館にある説明も、『証券市場誕生!』のベースとなるほとんど同じような記述だった。それを、堂島米市場だけを取り上げて300頁以上のボリュームで描いたのだから、面白くない筈がない。相当な勉強になる内容だ。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ: