So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ブータン ブログトップ
前の10件 | -

祝・ブータン証券取引所創設25周年 [ブータン]

証券取引所、オンライン資本取引システム導入
Securities Exchange launches CaMS to mark 25 years
Kuensel、2018年10月12日、Rinzin Wangchuk記者
http://www.kuenselonline.com/securities-exchange-launches-cams-to-mark-25-years/

2018-10-12 Kuensel.jpg
【要約】
株式投資家は、取引注文をオンラインで出し、取引状況をリアルタイムで確認できる。そんな新しいオンラインシステムが王立証券取引所(RSEB)により開発された、新システムは11日、RSEBの創設25周年を記念してティンプーでローンチングされ、暫定政府のツェリン・ワンチュク司法長官をはじめとした政府関係者、上場企業や民間セクター代表者がこれを祝った。

新システムはRSEBが内製化で進める資本市場取引ソリューションの一環で、全証券取引システムの自動化の取組みの一部である。自動化することで資本市場への信頼度を高めて投資しやすくし、政府や民間セクターが長期資金にアクセスしやすうなるというメリットが期待される。

RSEB代表理事のキプチュ・ツェリン氏によれば、証券市場は43年前、四代国王が1975年1月7日に公布した王立保険公社(RICB)設立憲章に端を発しており、RICBの株式の一部を一般個人や公務員に公開したのが始まりである。その後同様の株式公開は他の公社についても行われたが、当時この株式を売買する中央市場が不在で、取引は非公式に行われ、保有者変更は非常に難しい手続だった。そこで、王立通貨庁(RMA)は、アジア開発銀行(ADB)の協力を得て、公式な取引を行うプラットフォームとしてRSEBを設立。株主の拡大、生産部門への貯蓄資金の供給、安価な資本調達、株主への流動性確保などをもたらした。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ルナナの氷河湖が決壊すると… [ブータン]

ルナナからの氷河湖決壊洪水の高まる脅威
GLOF threat from Lunana looms large
BBS、2018年9月28日、Sherub Dorji通信員(ルナナ)
http://www.bbs.bt/news/?p=104277

2018-9-28 BBS01.jpg
《ルナナのテンチョ集落。遠方にテーブル状の地形が見られる》

【要約】
ルナナはブータンでも最北の地域の1つで、人がなかなか立ち入れない地域である。その地域で今大きな危機が始まろうとしている。氷河湖決壊洪水(GLOF)のリスクが日増しに大きくなってきている。ルナナ地区にはトルトルミ、ラプステン、ルゲ、ベツォという4つの湖があるが、うちトルトルミとラプステンはブータン国内でもGLOF発生リスクの高い25の湖の1つとされている。

トルトルミ湖は現在も形成中で、小さな池が氷河の溶解により徐々に湖へと変化してきている。そしてモレーンで隔てられたすぐ下方には、ラプステン湖が位置する。両湖を隔てるモレーン自体、深さ80メートルある氷の塊だが、その強度や安定性に、専門家は疑問を呈している。

2018-9-28 BBS02.jpg
《ラプステン湖。右側にあるのがモレーン・ダム》

国立水文気象センター(NCHM)関係者によると、モレーンは永久構造物ではなく、いずれトルトルミ湖の水はラプステン湖に注ぎ込むと見られている。そして、両湖が一緒になった時、巨大なGLOF発生の引き金になりかねない。NCHM関係者は、その場合の規模が5,300㎥にもなると予測する。


続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本出すの、先に言ってよCBS [ブータン]

7th-GNH-conference.png「去年のGNH国際会議の本、もう出てますね」―――今週、ブータンに来られた知人と夕食をご一緒していた際、こんなことを言われた。

「え、マジですか?」―――そう答えるしかなかった。全く知らなかった。

確かに、僕は去年のGNH国際会議で発表するのに、事前に論文も提出していた。でも、会議論文集(Conference Proceedings)が出るのは、もうちょっと先、多分僕のブータンを去る日には間に合わないだろうと思っていた。なので、僕はその論文も自分が今出版社と交渉中の本の1章として挿入し、その件について会議主催者のブータン研究所(Centre for Bhutan Studies)にいずれ了解を取るつもりでいた。

いずれにしても、実際に論文集を出すのなら、ゲラの校閲ぐらい1ラウンドあるのかと思っていた。以前、僕が王立ブータン大学(RUB)のアカデミックジャーナルに別の論文を投稿した時は、それがちゃんとあったからだ。取りあえず会議の主催者に期日までに論文提出すればフリーパスで論文集に載せてくれるのなら、どんなに拙い英文であっても、提出さえすればOKということになる。それでいいのだろうか?

勿論それだと著者は自分の作文能力についてリスクを負うが、それと同じくらいに、そういうのを見逃した編集責任者もリスクを負うのでは?

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自著のあらましを述べるとNG? [ブータン]

ダショー・ソナム・キンガのFBポストはソーシャルメディア規則に違反
Dasho Sonam Kinga’s post violates social media rules: Media arbitrator
Kuensel、2018年9月8日、Sonam Pelden記者
https://www.kuenselonline.com/dasho-sonam-kingas-post-violates-social-media-rules-media-arbitrator/

最近、ブログで当地の新聞記事をご紹介してなかったのは、ひと言で言えば面白い記事がなかったからだ。15日に迫った国民会議(下院)議員選挙予備選投票日に向けた、各党の選挙運動を公平に報じ、かつ不在者投票の様子などを報じ、かつそれが全国に散らばった記者からのレポートとしてかなり平等に報じられるので、あまり面白くなかったのである。大衆を巻き込むイベントは自粛だし(でも、9月12日から16日まで開催されている「ブータン・インド貿易投資促進エキスポ2018」は開かれているけど)、個別の学校で開かれた美術の展覧会等も、せいぜい写真が掲載されるぐらいの扱いになる。

ここ2週間ぐらいで、選挙報道以外で大々的に報じられていたのは、ジグミ・ドルジ・ワンチュク国立レファラル病院(JDWNRH)の新生児ICUの院内感染問題と、ソナム・キンガ前国民評議会(上院)議長のFacebookへの書き込み問題ぐらいである。今日はその後者を取り上げる。

ソナム・キンガ前議長(以下、ダショー)は、8月31日、自身のFacebook上で、自身の執筆中の著書が年内に出版されることを明らかにした。テーマは、過去2回の総選挙に基づき選ばれた政権の政策運営について述べた回顧録のようである。ダショーは2008年に評議会議員に選出され、すぐに副議長に選出。2013年の再選後は評議会議長を務められている。当然、2つの下院議員選挙で選ばれた政権与党の政権運営を、上院の立場で見てきた人なので、今年5月の引退後に回顧録のようなものを著されるのは、そりゃそうだろうと思える。

でも、このFacebook投稿に、2008年から2013年まで政権与党の座にあったDPTが、トブゲイ党首の前政権(PDP)を利するとして問題視し、冒頭で挙げた記事の他にも、ブータン選挙管理委員会(ECB)が記事削除を求めるなどの動きがあり、最初のうちは反論されていたダショーも、結局8日には記事を削除された。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

若者が地方にとどまる道 [ブータン]


初めて劇場公開されるブータンのドキュメンタリー映画!!急速な近代化に直面するブータンで、先祖代々1000年以上寺院を受け継いで来たある家族の物語。自分を男の子と思っている妹タシと、寺の継承問題に悩みながらもタシを見守る兄ゲンボ。近代化をテーマに、世代で異なる幸福論、家族の葛藤、兄妹愛を普遍的に描く。ブータンの今を感じる映画!!

現在、日本では、ブータンのドキュメンタリー映画『ゲンボとタシの夢みるブータン』(原題:The Next Guardian)が劇場公開中である。映画のFacebookを読んでいると、東京・東中野のポレポレ東中野での公開には、『未来国家ブータン』の著者・高野秀行氏とか、僕の知っている人もトークセッションで登壇されているらしい。結構なことだ。単身赴任中の僕も、東京の家族には見に行けと薦めた。
*映画HP:https://www.gembototashi.com/

実は会場で販売されているプログラムに、寄稿しないかと配給会社の人から頼まれて、5月頃に原稿を書いて先方に送付した。その後すったもんだがあって、結局土壇場で載せない決定が下されたらしい。僕が寄稿したのを知っていて、載るかもと期待して劇場に出かけてプログラムを購入したうちの家族はがっかりしたという。僕の拙い文章力にも問題があったのだろう。配給会社の人が扱いに困ってリライトされた原稿に僕が納得せず、それが土壇場での削除につながったのだと思う。

このまま闇に葬られるのももったいない。せっかくだから、何を書いたかぐらいは公にしておく。なお、ここで改めて強調しておきたいのは原稿削除の事実ではない。理由は書かないけど僕にも強情なところはあったと思うし、譲れないところでもあった。そんなことより、映画はご覧下さい。映画を見て、「聖地巡礼」の行き先の1つにしていただけたら嬉しいので。

◇◇◇◇

『ゲンボとタシの夢見るブータン』の舞台は、ブムタン県庁のあるジャカルの町から、チャムカル川左岸を上流に数キロさかのぼったあたりだ。2人がドリブルしながら坂の多い道路を歩いてサッカーの練習場所に向かうシーンでは、沿道にグル・リンポチェゆかりのクジェ・ラカンも映る。2人が川面を眺めるシーンは、ラカンからさらに上流のクジェ集落の吊り橋から近く、チャムカル川が大きく蛇行するポイントだ。ここも「聖地巡礼」の重要なスポットである。

このエリアには、日本の開発協力の舞台もいくつある。全国の農道建設と維持管理に奮闘する建設機械の維持管理の拠点であるCMU(中央機械ユニット)は、2000年代後半に派遣された日本人シニアボランティアの指導により、5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)の概念がブータンで最も根付いた施設となっている。建設機械も日本の協力で導入されたものが多い。今も青年海外協力隊員が活動中だ。

続きを読む


タグ:ブムタン
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

世界一過酷なバイクレース [ブータン]

アーロン・ベヤードが優勝
Aaron Bayard wins Tour of the Dragon
Kuensel、2018年9月3日、Nima記者
http://www.kuenselonline.com/aaron-bayard-wins-tour-of-the-dragon/

2018-9-1 TOD1.jpg
【ポイント】
第9回ツアー・オブ・ザ・ドラゴンは、9月1日、ブムタン~ティンプー間268kmのコースで開催され、米国人ライダー、アーロン・ベヤードが、11時間11分という、2015年以降の最高記録で優勝。2位のブータン人ライダー、ノルブの走破タイムは12時間3分で、アーロンは2位に50分もの大差を付けての優勝となった。

ブムタンを午前2時に出発した48人のライダーは、米国人7人、インド人6人、英国人4人等が含まれる。

一方、プナカを午前11時に出発してティンプーまでの60kmで競われるドラゴン・フュリー・レースも同日開催。成人35人、ジュニア26人が参加したこのレースでは、成人の部ではオーストラリアのジョナサン・レドマン、女子の部ではブータンのチミ・デマ選手がそれぞれ連覇を果たした。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

文学祭、雪男に光を当てる [ブータン]

イエティとその存在を巡る伝説
Yeti and myth surrounding its existence
Kuensel、2018年8月27日、Rinchen Zangmo記者
http://www.kuenselonline.com/yeti-and-myth-surrounding-its-existence/

毎年この時期になると、「マウンテンエコー文学祭」のセッションのレポートが紙面を飾ることが多い。たいていは欧米人が出した英文の本の宣伝のようなトークセッションなわけだが、そんな中、今年は初日のセッションで「雪男」を取り上げた本の著者が登壇し、会場を盛り上げたらしい。

Yeti: The Ecology of a Mystery

Yeti: The Ecology of a Mystery

  • 作者: Daniel C. Taylor
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr
  • 発売日: 2017/10/30
  • メディア: ハードカバー
内容紹介(手抜きで和訳を省略します)
This book explains the mystery of the Yeti or Abominable Snowman, the creature that has left mysterious footprints in Himalayan snows. The book also explores why people are so fascinated with the possibility that a wild hominoid might still reclusively live (the idea of a wild humanity alive in people's hopes). Here also is the extraordinary story of one man's conservation impact-a quest for mysterious animal caused him to lead in creating two massive national parks around Mount Everest, one in China/Tibet and one in Nepal.
This book narrates how the author explores much of the 2,000-mile breadth of the Himalaya, from his childhood in India to his work years in Nepal, China/Tibet, and Bhutan. From 1956 until 2015 he visited almost all valley systems. The book recounts his ascents of Himalayan summits and even a first descent of a major river, Nepal's Sun Kosi.
This book not only explains scientifically the Yeti and describes a range of Himalayan animals and plants, it also brings forward a wide scope of ecological understanding. Significant among these is the author's postulate about bioresilience as a parallel dynamic to biodiversity. Additionally, the author explores what it means (and how important it is) for people to be part of 'the wild' in today's increasingly domesticated world. Taylor's breadth of Himalayan knowledge is massive, the story captivating and full of surprises-and what he has accomplished includes 'discovering' the Yeti as well as creating two huge national parks.

なんと天下のオックスフォード大学出版会が出している由緒正しい本らしい。著者はちゃんとした学者さんらしく、ヒマラヤ生態系研究の第一人者のようである。1990年には当時王国だったネパールで国王から勲章を授与されている。手抜きで和訳を省略しちゃった本書の内容をちょっとだけ補足すると、著者が踏査したのはネパールとチベットで、ブータンではない。

続きを読む


タグ:イエティ
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

女性企業家を阻む壁 [ブータン]

金融アクセスが女性企業家にとっての障害
Access to financial capital a major impediment to women in business
Kuensel、2018年8月22日、Nima記者
http://www.kuenselonline.com/access-to-financial-capital-a-major-impediment-to-women-in-business/

経済的必要性が女性をビジネスに駆り立てる
Economic necessity drive women into business
Kuensel、2018年8月25日、Nima記者
http://www.kuenselonline.com/economic-necessity-drive-women-into-business/

◇◇◇◇

女性のビジネスに関する記事が立て続けに2つ、クエンセルに掲載された。いずれも同じ記者で、情報源も同じ全国統計局(NSB)のレポートである。

NSBのHPを覗いてみると、どうやら元ネタは5月30日に掲載された「Challenges Facing Bhutanese Businesswomen in Micro and Small Enterprise Sector(小規模零細企業部門の女性が直面する課題)」と題したレポートらしい。それが3カ月近くの時差を置いて今頃メディアに取り上げられたのは、このレポートの製本版が、最近NSBから関係各機関に配布されたからである。

著者にはLham Dorji、Cheda Jamtsho、Tashi Norbu、Cheku Dorjiという方々が名を連ねている。うち、主筆はLham Dorji氏のようだ。レポートの冒頭謝辞を読むと、この方、幕張のアジア経済研究所に半年ほど研究フェローとして滞在して、そこでこのレポートの原型とも言える別のディスカッションペーパーを書いておられる。「Women-owned micro and small enterprises in Bhutan : what major obstacles impede their growth and innovation?(ブータンの女性小規模零細企業:成長とイノベーションを妨げているのは何か?)」というタイトルで、これまた今年5月にアジ研から公開されている。

今回この2つの記事に注目してブログでもご紹介しておきたかったのは、このアジ研研究フェローの書かれた第二弾のレポートも、アジ研から研究助成が出ているからだ。アジ研の方がどれくらいの頻度でブータン入りされているかは僕は存じ上げないが、こういう、日本とつながりをお持ちのブータン人研究者の方を、大使館なりJICAなりは、もっと現地でサポートすべきだと思う。「すべての女性が輝く社会づくり」(首相官邸HP)なんて安倍首相が言っているぐらいなんだから、そういう視点で事業を構想していくべきだ。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ショートノーティスにドタキャン [ブータン]

マツタケ祭り中止、ツアー会社を混乱させる
Cancellation of mushroom festival upsets tour operators
Kuensel、2018年8月24日、Rinchen Zangmo記者
http://www.kuenselonline.com/cancellation-of-mushroom-festival-upsets-tour-operators/

【ポイント】
下院の選挙活動が23日から始まったことで、ブムタンで最も待ち望まれたフェスティバルが中止となり、ツアーオペレータを落胆させている。ウラ郡のカンドゥ・ワンチュク郡長は、ブムタン県庁が選挙を理由にフェスティバル開催申請を許可しなかったと述べた。

ウラでは、約10年前からマツタケ・フェスティバルが毎年開催されてきた。このフェスティバルは、地域の住民が収入を得る貴重な機会にもなってきた。郡長によると、フェスティバルは毎年、8月23日と24日に開催されてきており、ブータン観光評議会(TCB)のイベントカレンダーにもそう掲載されてきた。

中止の決定は、開催のわずか11時間前になされた。あるオペレータによると、既に中国人観光客を案内して、ガンテまで来ていたという。3年間にもわたって中国でマツタケ・フェスティバルを宣伝してきたのに「観光客にウソをついた形になってしまった」と不満を述べる。この中国人ツアーは23日午後、ブムタンに到着した。

ウラ郡長によると、郡では15日には県庁に開催の可否を文書で打診していた。県からの回答は21日付けで、フェスティバルが選挙キャンペーン期間中に該当し、大衆を動員するイベントであるため、開催許可することは困難とするものだった。ブムタン県庁のパサン・ドルジ知事は、フェスティバルが選挙キャンペーン初日の開催となるため、イベント自体が政治利用される可能性が高いと指摘する。

ブータン・ツアー・オペレータ協会(ABTO)によると、フェスティバルには40人という。以上の観光客が訪問を予定していた。別のオペレータによると、彼の会社ではスペイン人観光客4名からの予約があり、19日にはブータンに到着していた。フェスティバル訪問をブッキングしていたが、中止の決定に、「それを聞いた瞬間、彼らは不満をあらわにしていた」という。フェスティバルに代わる措置として、同社では客をタン渓谷に案内したという。「今はもう不満をあらわにされることもないが、こんな通達がショートノーティスで出されるようでは、我々に対する信用が台無しになってしまう。ブータン人として、選挙に真剣に取り組みたい気持ちはよくわかるが、もっと早く言って欲しい。」

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これで竹刀を作れたら… [ブータン]

バムテックは竹に機会を見出す
Bamtech to explore opportunities in bamboo
Kuensel、2018年8月16日、Nima記者
http://www.kuenselonline.com/bamtech-to-explore-opportunities-in-bamboo/
【ポイント】
2018-8-16 Bamtech.png8月14日、ティンプーにおいて、竹製家屋建築工事アプリ「バムテック(Bamtech)」のローンチングが行われた。このアプリは家屋建築や建設現場、家具製造その他の目的における竹の使用に関する基本情報を掲載したもので、これを以って起業家や民間企業は竹材の商業化と建設資機材としての竹材の普及を目指すのだという。

アプリは、南アジア竹財団(South Asia Bamboo Foundation)が開発。アプリは先ずデリー(インド)でローンチされ、インド国内各地でも紹介されてきた。今年はじめ、このアプリは北京(中国)でも紹介されている。ティンプーでのローンチングは、ブータン商工会議所(BCCI)、ブータン手工芸協会、南アジア竹財団のカメシュ・サラムCEOが出席して行われたもの。

カメシュCEOによると、竹製品は耐久性や耐用年数に疑問が呈され、またそれ自体が貧しい人の建材だと思われてきたが、それらは意識啓発努力の不足や竹材の管理や処理についての情報の不足が原因だと指摘する。しっかり処理されないと、竹材にはカビが付着する可能性があるが、燻製処理をしっかり行えば、これらは防げるという。こうした意識、情報の欠如が、竹材の商業化の妨げになっている。

ブータンには30種類以上の竹が自生し、資源賦存量として十分ある。しかし、非木材森林資源としての用途は現在、竹籠や道具箱、帽子、基礎的家庭用品に限定されているのが現状。今回紹介されたアプリは、竹栽培から竹製品製造に至るまでの商業ベースで行なえるようになるのを目指し、竹材に基づく持続可能な経済の形成の一助となるものと期待される。また、アプリは農村の生計活動の改善や環境保全、グリーン経済の推進等に向けて、竹材のより革新的な用途の開発と普及にも貢献するものと期待されている。

続きを読む


タグ:剣道 竹細工
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - ブータン ブログトップ