So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『町を住みこなす』 [持続可能な開発]

町を住みこなす――超高齢社会の居場所づくり (岩波新書)

町を住みこなす――超高齢社会の居場所づくり (岩波新書)

  • 作者: 大月 敏雄
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2017/07/29
  • メディア: 新書
内容紹介
人口減少社会における居住は、個人にも、地域にも、社会にも今や大問題。「一家族一住宅一敷地」という考え方はもはや古い。住宅に求めるものは、長い人生のステージに合わせて、さまざまに変遷していくことに注目。町の多様性をいかに担保していけるか。居場所づくりのユニークな事例を多数紹介し、これからの住まいのあり方を考える。

積読蔵書のクリアランスを久々に再開した。昨夜から今日にかけて、1冊読み切った。この本は昨年末に一時帰国した際に購入、一時期人口高齢化に関する書籍をやたらと読み漁っていた2006~07年頃のことを思い出し、ついつい衝動買いしてしまったものだ。

サブタイトルに「超高齢社会の居場所づくり」とあり、そこに惹かれて買ったものだが、実際に読み始めてみての印象はもっと都市計画に近く、20年後、30年後にどのような町であることが望ましいかを考えつつ、居住政策を誘導していかないといけないと説いている。キーワードは「35歳と生まれたて」で、短期的な利益を考えて住宅開発を進めると、世帯主が35歳前後で、小さな赤ちゃんがいる世帯がそこに集中し、そのコホートがそのまま20年後、30年後まで持ち上がり、子どもは成長して家を出てしまうと、高齢者ばかりのコミュニティが出来上がることが予想されるとしている。いわゆるニュータウンの高齢化の問題がそれである。

そこで著者が示しているもう1つのキーワードは「町の多様性」―――人口構成や世帯構成の多様性、建物の持つ機能や用途の多様性、家族間のやり取りの多様性、移住と定住の間にある地域への根付き方の多様性、地域に存在すべき「居場所」の多様性等を包含して、「町の多様性」という言葉でまとめている。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

橋とトンネルに秘められた日本の土木 [仕事の小ネタ]

びっくり! すごい! 美しい! 「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク (じっぴコンパクト新書)

びっくり! すごい! 美しい! 「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク (じっぴコンパクト新書)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2017/01/27
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
地形を克服し、物流・移動を確保して国土の骨格を造り上げる橋とトンネル。海を渡る橋から街中の小さな橋、流動に「風穴を開けた」長大トンネルから歩行用の小さなトンネル、無数にあるそれらは一見、無骨で味気なく見えるけれど、視線を向けてみれば個性がそこここに散りばめられ、そこに造られた必然性や個々の事情も見えてくる。橋やトンネルの発展の歴史も、世界や日本の産業史とも強く関わっていて、とてもドラマチックなのだ。この1冊で、橋とトンネルの見え方が変わります!

あまり頻繁にブログ更新すると、僕の仕事にまだ余力があると思われる読者の方がいらっしゃるようで、まだまだ働かせる余地があると思われているのか、結構手厳しいお言葉をいただいて気が滅入っているところである。普通のブータンの職場と違い、僕は平均すると朝8時には出勤し、夕方も18時30分過ぎまではオフィスに残っている。それでも「まだできるはず」と一方的に思われるのは残念である。

と愚痴から始めたこの記事だが、実は読み始めたのは2週間近く前なのに、読み切るのに時間がかかった。単純に読んでいる時間がなかったからである。この本を今読み始めた理由もご想像にお任せするが、何で忙しかったのかもご想像にお任せする。これ以上は時間捻出できないというギリギリのところでダラダラと読み進め、読了日のターゲットを見事に外してしまった。悔いの残る読書の仕方だ。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 

『デザイン思考が世界を変える』 [持続可能な開発]

デザイン思考が世界を変える (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

デザイン思考が世界を変える (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

  • 作者: ティム・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/05/10
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
人々のニーズを探り出し、飛躍的発想で生活を豊かにする―それが「デザイン思考」だ。研究や開発部門だけでなく全社的に浸透させれば、組織は持続的にイノベーションを生み出すことができる!その推進役として世界に名を馳せるデザイン・ファームIDEOのCEOが、デザインとイノベーションの重要性を熱く語り、組織を蘇らせる方法や社会問題を解決するための秘訣を経験談とともに明かす。

怒涛の6月を終えて、これからの3カ月は比較的「凪」状態。積読本の在庫一掃計画を再開しようと思っている。その第一弾は、米カリフォルニア州パロアルトにあるデザインコンサルティング会社IDEOのCEOが書いたデザイン思考に関する本である。

振り返れば3年ほど前、「デザイン」と名の付く本を集中的に読んでいた時期があった。当時高1だったうちの娘が大学でデザイン専攻したいようなことを言っていて、僕自身も仕事を通じて元プロダクトデザイナーだったという方と知り合いになったりしていて、どうせデザイン専攻するならプロダクトデザイナーを目指してくれないかなという思いもあったので、オヤジとしては先回りして勉強しとこうと考えた。但し、デザインはデザインでも、「コミュニティデザイン」という言葉にはちょっと拒否反応があって、コミュニティデザイナーがやっていることについては理解はできるものの、単に言葉の響きがあまり好きではないなと感じた。(結局、うちの娘はシステムデザイン専攻を偏差値が圧倒的に足りずに断念し、辛うじて拾ってもらえた某女子大に進学し、専攻も変えてしまった。)

本書の主題となる「デザイン思考」は、IDEOの歴史を振り返るとプロダクトデザインからスタートしているのかなと思うが、本書でも語られている通り、無味乾燥な製品にデザインで独自のフレーバーを付けたらおしまいというのではなく、その製品が使われる環境に関する十分な洞察を図り、人間工学的な考察も加えて、広く長く使われる製品を作り出すという、途中の過程を見る限りは、相当包括的で他分野の知見を総合する実践が図られていて、これはシステムデザインやコミュニティデザインにも適用される取組みなんだろうなと改めて思った。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 

橋開通の後に考えるべきこと [ブータン]

日本の無償資金協力で建設が進められてきた東西ハイウェイのチュゾムサ、ニカチュ、ザラムチュの3橋が全て完成し、28日に最後のチュゾムサ橋が、在ニューデリー日本大使館の平松大使の手により、ブータン政府に引き渡された。翌29日のクエンセルはチュゾムサ橋にまつわる記事が多かった。

◇◇◇◇

チュゾムサ橋、通行可能に
Chuzomsa bridge opens to traffic
Kuensel、2018年6月29日、Phurpa Lhamo記者(ワンデュポダン)
http://www.kuenselonline.com/chuzomsa-bridge-opens-to-traffic/

2018-6-29 Kuensel02.jpg
2018-6-28 BBS.jpg

二国間をつなぐ橋
Bridging Japan – Bhutan relations
Kuensel、2018年6月29日、Kota Wakabayashi(JICAブータン事務所)
http://www.kuenselonline.com/bridging-japan-bhutan-relations/

2018-6-29 Kuensel01.jpg

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 

短期間で米の自給率は上げられるか? [ブータン]

ブータンの米自給率は47%
Bhutan is 47 percent self-sufficient in rice
Kuensel、2018年6月13日、Tshering Palden記者
http://www.kuenselonline.com/bhutan-is-47-percent-self-sufficient-in-rice/

【ポイント】
フィリピンの国際稲作研究所(IRRI)の専門家がブータンを訪問。南アジア地域において高まる主食穀物需要を、バングラデシュ、ネパール、ブータン3カ国でどう満たしていくのかを話し合う会合がティンプーで開かれた。

この中で、ブータンについては、耕作可能面積の28%が稲作に充てられている割に、米の自給率がわずか47%しかないことが指摘された。米自給率が低い理由の1つは、生産基盤の弱さであり、森林面積が大きいことと、野生動物による作物被害が稲作を困難にしている。もう1つの理由は、稲作に対するインセンティブが少ないことで、湿地は他の目的に作付転換されたり、宅地化されたりして、稲の作付面積が減っていることが指摘される。

米はブータン人の1日あたりのエネルギー摂取量の53%を占める。現状の稲の作付面積は5万3055エーカーで、米生産高は8万5090トン。土地生産性は1エーカーあたり1.68トンの計算。

IRRIの専門家によると、南アジア地域では全世界の米生産の31%、小麦生産の18%を占める。地域の食料安全保障を考える上で、米は最も重要な作物だという。高まる世界の食料需要に応えるためには、2035年までに米の生産を35%増加させることが求められるが、南アジア地域では、2050年までに20~26.8億人と予想される域内人口の増加に見合うために、食料生産は倍増させることが必要になるという。

しかし、米生産の倍増には課題もある。多収量品種の導入や灌漑施設の整備、適切な水管理、土壌肥沃度の改善・管理、病害虫管理等である。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 

『あの素晴らしい曲をもう一度』 [読書日記]

あの素晴しい曲をもう一度―フォークからJポップまで (新潮新書)

あの素晴しい曲をもう一度―フォークからJポップまで (新潮新書)

  • 作者: 富澤 一誠
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/01/01
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
誰もが口ずさむ名曲には、意外なドラマや秘話が詰まっている。最初は300枚しかプレスされなかった「帰って来たヨッパライ」、原題は「王手」だった「関白宣言」。軟弱者扱いされた井上陽水、奇異で異質な存在だったユーミン―。フォークからJポップまで、現場で見つめ続けてきた筆者が綴る五十年史。読むだけでメロディーが浮かぶ「名曲ガイド50」付き。

この週末は仕事上スタンバイを強いられる時間帯があったので、待ち時間にちょっと読もうと思い、手ごろな新書のキンドル版をダウンロードすることにした。6月はいろいろ忙しかったのでちょっとお休みしていたのですっかり指の皮が軟らかくなってしまったが、昔買ったフォークギターをこちらに持って来ていて、暇を見つけては練習にいそしんでいる。

練習しているのは1970年代フォーク。バンバンやNSP、風などのナンバーである。ありていに言ってしまえばFコードで挫折した中学時代のリベンジ。従って、1976年から80年代頭にかけて聴いていて、自分で弾けるようになりたいと思っていた曲を練習している。どこかで披露する予定があるわけではない。こんな時代の曲を知っている人は当地ではそんなに多くないだろうし。強いて言えば頭の体操。左手指を動かすことで、少しは脳の老化を食い止められたらいいと思う。自分がブータンを離れる日までに、ギターは誰かに売っていくつもり。

それで、自分が練習中の曲が生まれた時代と作品の背景を少し知っておこうと思い、本書を読んでみることにした。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 

国際アーカイブズの日を祝う [ブータン]

国際アーカイブズの日を祝う
International archives day observed
Kuensel、2018年6月15日、Rinchen Zangmo記者
http://www.kuenselonline.com/international-archives-day-observed/

2018-6-15 Kuensel.jpg

【ポイント】
14日、国立図書館・アーカイブ館(NLAB)において、「国際アーカイブズの日」を祝う記念式典が開催された。「国際アーカイブズの日」は6月9日であるが、ブータンでは記念式典は14日まで延期にせざるを得なかった。またこの日は、国立図書館の設立50周年を祝う式典でもあった。

アーカイブ化の取組みの歴史は2007年に始まったばかりだが、アーカイブ館で蒐集した最古の資料として、1645年にシャブドゥンが発布した法令が収蔵されている。

式典に主賓として出席したダワ・ゲルツェン内務相は、この日、統合図書館管理システム「コーハ(Koha)」のローンチングも行った。コーハはそれまでの図書館管理システム「アレフ」に代わるもので、既に今年2月から運用がスタートしている。ゾンカ語フォントでの蔵書検索が可能だという。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 

首都ゴミ問題への最近の取組み [ブータン]

市、効率的なゴミ収集を開始
Thromde begins efficient waste collection in Thimphu
Kuensel、2018年6月9日、Karma Cheki記者
http://www.kuenselonline.com/thromde-begins-efficient-waste-collection-in-thimphu/

【ポイント】
ティンプー市は、ゴミ収集車の運行スケジュールの信頼性向上、オフィス時間外でのゴミ回収、合同モニタリングを通じて、市中でのゴミ廃棄の削減に向けて動き出すことになった。

ゴミ収集車は、民間収集業者に18台あるが、スペアパーツが入手困難であることから、全ての車両がスケジュール通りに運行できる状態にない。スケジュール通りに回収に来ないことが市内でのゴミ廃棄につながっていると見た市は、市で所有する24台の収集車をバックアップに充て、民間業者の収集車に遅れが生じた時には市の収集車が出動できるようにするという。

また、市内オラカ、チャンザムト地区は、住民人口が多いため、朝9時前にゴミ収集を行うことが難しい。この2地区にモティタンを加えた3地区は、ゴミの不法投棄が特に目立つ地域であることから、日中のゴミ収集ではなく、住民がオフィスから帰宅する夕方以降にゴミ収集を行うよう、運行スケジュールを変更する。

また、市と民間収集業者は共同で、最低週1回、ゴミ投棄の実態を調査する。ゴミ問題に関する住民の声を聴き、また逆に住民に不法投棄の罰則規定の周知や、ゴミ分別の徹底について普及を図る。2012年の廃棄防止・廃棄物管理規則によれば、罰金は100ニュルタム(ポイ捨て、立ち小便、ドマを吐くことなど)から最高2万ニュルタム(禁止地域への不法投棄など)にまで及ぶ。

市はさらに、次期五カ年計画で、ドロップオフステーションの開設も予定。

続きを読む


タグ:ティンプー
nice!(5)  コメント(0) 

『小さな企業が生き残る』 [仕事の小ネタ]

小さな企業が生き残る

小さな企業が生き残る

  • 作者: 金谷 勉
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2017/12/15
  • メディア: 単行本
内容紹介
5年で売り上げを12倍に増やした例も!
苦境に陥った中小企業を再生させてきたデザイン会社の社長が“生き残り”ノウハウを伝授する。
優れた技術を持ちながら、メーカーの海外移転や後継者不足などの影響で危機に瀕している中小企業は少なくない。今、オリジナル商品とそれを実現するデザインの力によって復活する中小企業が注目されている。仕掛けているのは、デザイン会社を経営する金谷勉氏。金谷氏が手がけた成功事例を通して、中小企業が生き残るための方法を解説する。

この週末、意識的に「抜く」努力をしていたので、読書に相当な時間をあてた。ブータンネタを期待されている読者の方には申し訳ありませんが、どうしても一回は「息抜き」した方がいいと思った。

何か気軽に読める本をキンドルでダウンロードしようと考えて、ふと出会ったのが本日ご紹介の1冊であった。版元が日経BPということは、少し前にご紹介した渡辺和博『地方発ヒットを生む逆算発想のものづくり』と同じ。従って、著者の論点もすごく似通っていて、「商品はつくって終わりではなく、きちんと売って、買い手に届いて初めて商品となる。いわば商品をデザインするということは単に設計して色や柄を決めるだけではない。それをどう見せて、どういう売り場でどう売ってもらうか。きちんと出口を見据え、企画から流通までを考えて動く、いわゆるコト(技術)・モノ(意匠)・ミチ(販路)の一連を「考動」(考えて動く)していくことがデザインである」というのも、渡辺和博著の論点「逆算で考えろ」というのを別の形で述べているように思える。

本書はアマゾンの読者書評でもなかなかの高評価を得ている。確かに、第1章「倒産・廃業のピンチから、生き残りの「手」を見つけた」に挙げられている4つの事例は、各々非常に示唆に富んでいて、読んでいて引き込まれた。著者の経営するデザイン会社が実際に手がけた中小企業再興のストーリーであり、このケースストーリーだけで紙面の半分を費やしているが、本書の価値もこの前半にあるように思った。そして、ブータンで小規模零細企業を見ている自分にとっても、得られるものが幾つかあった。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 

『「完璧なリーダー」は、もういらない。』 [読書日記]

宇宙兄弟 「完璧なリーダー」は、もういらない。

宇宙兄弟 「完璧なリーダー」は、もういらない。

  • 作者: 長尾 彰
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2018/03/20
  • メディア: 単行本
出版社からのコメント
本書は、20年にわたり3000回のチームビルディングを支援・促進してきた著者が、「自身とチームで成果を出す」方法を紹介するリーダーの教科書です。
◎完璧なリーダーはいらないこと
◎率先垂範、完璧なリーダーを目指す代わりに、肩の力を抜いて、あなたらしいリーダー像で支援的・促進的に他者と関わること
◎等身大のあなたらしいリーダーシップを活かすことでチームを作ること
この3つを理解し、実行するだけで、誰もがリーダーになることができます。
「リーダーたるもの優秀なければならない」という呪縛に苦しんでいる人にもおすすめです。

この週末、久し振りにフルタイムのオフを取ることができた。疲れがたまってきていたので、ちょっと胸の苦しさを感じていた。土曜日は全く外出せず、一日中家にいた。で何やってたかというと、動画サイトで『宇宙兄弟』を見まくっていた。

動画サイトで見るのは初めて。実はこのテレビアニメ、2012年から2014年にかけて放映されていた頃、最初は朝の放送だったので朝見ていて、2013年1月から放送時間が土曜夕方に変更になった後は、それが道場での剣道稽古前だったため、自宅でスタンバイしていてかなりの部分は見ていた。最終回までは見た記憶がなく、Wikipediaで調べてみたところ、見るのをやめたのはどうやら僕がクソ忙しい部署に異動になった前後だというのがわかった。きっと余裕をなくしていたんだろうな。

今さらなんで『宇宙兄弟』かというと、この多忙な2週間の間に、僕は当地での知人から本書を薦められ、実際に今週になってキンドルで読んでみたというのがある。その方は当地でリーダーとしてのお仕事についておられる方で、急にリーダーと呼ばれるようになって、どうあるべきかを考え、リーダーシップについて書かれた本を幾つか読まれたようである。それで僕にも数冊薦めて下さったのだが、その中の1冊が本書だったという次第。いちばんとっつきやすそうだったから、最初に読んでみることにした。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)