So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

再読『日本人の知らない武士道』 [読書日記]

日本人の知らない武士道 (文春新書 926)

日本人の知らない武士道 (文春新書 926)

  • 作者: アレキサンダー・ベネット
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/07/19
  • メディア: 新書
内容紹介
ガッツポーズは武士道に反する!?剣道七段、薙刀五段の著者は武道を通してこそ武士道がわかると語る。日々の仕事、ストレスマネジメント、勝負論に武士道を生かす。

ティンプー・ツェチュ(大祭)の連休、肝心のツェチュをパスしてまたしてもネパール・カトマンズに来ている。その旅のお供に積読状態の本を4冊携行したのだが、そのうち最初に読んだのは、積読ではなく再読になるアレック・ベネット先生の著書。5年前に一度読んでいて、その時は主に第1章「残心――武士道の神髄」を中心にブログでご紹介した。

連休で読書にある程度の時間を割ける今、あえて再読に踏み切ったのは、実はカトマンズに剣道具を携行してきているからだ。南アジアでの剣道は、日本人中心で最もレベルが高いデリーのインド剣道同好会(剣印会)と、ハイデラバードでインド人が主宰している武道会がある。このハイデラバードのインド人の先生が、「ネパールは進んでいる」と10年近く前におっしゃっていた。日本大使館の草の根無償資金協力で武道館も作られているようだ。そこで行われている稽古の動画を見たが、ものすごいスピード重視の剣道で、攻めもクソもなくいきなり打ってくる。相手も構えを崩して迎撃するので、相打ちになってその後は鍔迫り合い、それもすぐに引き技。まともに応戦したら自分の老体が持たないと思った。今こそ、前回のブログでも紹介した以下の引用を再確認し、異国での出稽古に臨みたいと思った。

 武道においては、負けることによってこそ学ぶことは多い。面を打たれた。なぜそこが空いたかを相手は示してくれた。自分の弱点を教えてくれた。これからの稽古でどうやってその弱点を克服するか、修行の課題を与えてくれた。それを糧に自分はさらに強くなれる。より強い自分となって試合に臨める。その思いが「ありがとうございました」という試合後の礼につながるのである。(pp.45-46)

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

本出すの、先に言ってよCBS [ブータン]

7th-GNH-conference.png「去年のGNH国際会議の本、もう出てますね」―――今週、ブータンに来られた知人と夕食をご一緒していた際、こんなことを言われた。

「え、マジですか?」―――そう答えるしかなかった。全く知らなかった。

確かに、僕は去年のGNH国際会議で発表するのに、事前に論文も提出していた。でも、会議論文集(Conference Proceedings)が出るのは、もうちょっと先、多分僕のブータンを去る日には間に合わないだろうと思っていた。なので、僕はその論文も自分が今出版社と交渉中の本の1章として挿入し、その件について会議主催者のブータン研究所(Centre for Bhutan Studies)にいずれ了解を取るつもりでいた。

いずれにしても、実際に論文集を出すのなら、ゲラの校閲ぐらい1ラウンドあるのかと思っていた。以前、僕が王立ブータン大学(RUB)のアカデミックジャーナルに別の論文を投稿した時は、それがちゃんとあったからだ。取りあえず会議の主催者に期日までに論文提出すればフリーパスで論文集に載せてくれるのなら、どんなに拙い英文であっても、提出さえすればOKということになる。それでいいのだろうか?

勿論それだと著者は自分の作文能力についてリスクを負うが、それと同じくらいに、そういうのを見逃した編集責任者もリスクを負うのでは?

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『一路』(上・下) [読書日記]

一路(上) (中公文庫)

一路(上) (中公文庫)

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2015/04/23
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
失火により父が不慮の死を遂げたため、江戸から西美濃・田名部郡に帰参した小野寺一路。齢十九にして初めて訪れた故郷では、小野寺家代々の御役目・参勤道中御供頭を仰せつかる。失火は大罪にして、家督相続は仮の沙汰。差配に不手際があれば、ただちに家名断絶と追い詰められる一路だったが、家伝の「行軍録」を唯一の頼りに、いざ江戸見参の道中へ!

一路(下) (中公文庫)

一路(下) (中公文庫)

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2015/04/23
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
中山道を江戸へ向かう蒔坂左京大夫一行は、次々と難題に見舞われる。中山道の難所、自然との闘い、行列の道中行き合い、御本陣差し合い、御殿様の発熱…。さらに行列の中では御家乗っ取りの企てもめぐらされ―。到着が1日でも遅れることは御法度の参勤交代。果たして、一路は無事に江戸までの道中を導くことができるのか!

いただきものの文庫本、これにてようやく全て読了とあいなった!2カ月近くかかった。1冊1冊が結構なボリュームで、読みかかりにすごく気合いを入れる必要があった。まるで、坂道発進の時のアクセルの踏み方のようなものだ。人からいただいた本は、他の人の目に触れさせるつもり。ティンプー市内のMKレストランに最近、8月にお帰りになったJICAの専門家(この本をいただいた専門家とは別の方)の文庫棚ができたので、そこに寄付するつもり。

さて、浅田次郎の『一路』が最後まで残ってしまったのも、本書が上下巻合わせて800ページ近いボリュームがあったことや、舞台となる江戸時代にこれまでさほど関心を持っていなかったこともあってのことだ。実はこの長編、上巻の最初の数十ページを読み進めるのが結構難儀で、そこを乗り越えて話が動き始めないと、面白さが味わえない。この本に出てくる美濃国赤坂宿は僕の実家から近いし、武蔵国桶川宿は、結婚前に2年ほど住んだ思い出の地だ。実際、僕は中仙道を辿って桶川から実家までドライブしたこともあるので、時代は違えど作品としては興味があった。それでも、序盤はエンジンがかからず、8月にいったん挫折した。そのトラウマで最後まで後回しにしてしまったのである。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

自著のあらましを述べるとNG? [ブータン]

ダショー・ソナム・キンガのFBポストはソーシャルメディア規則に違反
Dasho Sonam Kinga’s post violates social media rules: Media arbitrator
Kuensel、2018年9月8日、Sonam Pelden記者
https://www.kuenselonline.com/dasho-sonam-kingas-post-violates-social-media-rules-media-arbitrator/

最近、ブログで当地の新聞記事をご紹介してなかったのは、ひと言で言えば面白い記事がなかったからだ。15日に迫った国民会議(下院)議員選挙予備選投票日に向けた、各党の選挙運動を公平に報じ、かつ不在者投票の様子などを報じ、かつそれが全国に散らばった記者からのレポートとしてかなり平等に報じられるので、あまり面白くなかったのである。大衆を巻き込むイベントは自粛だし(でも、9月12日から16日まで開催されている「ブータン・インド貿易投資促進エキスポ2018」は開かれているけど)、個別の学校で開かれた美術の展覧会等も、せいぜい写真が掲載されるぐらいの扱いになる。

ここ2週間ぐらいで、選挙報道以外で大々的に報じられていたのは、ジグミ・ドルジ・ワンチュク国立レファラル病院(JDWNRH)の新生児ICUの院内感染問題と、ソナム・キンガ前国民評議会(上院)議長のFacebookへの書き込み問題ぐらいである。今日はその後者を取り上げる。

ソナム・キンガ前議長(以下、ダショー)は、8月31日、自身のFacebook上で、自身の執筆中の著書が年内に出版されることを明らかにした。テーマは、過去2回の総選挙に基づき選ばれた政権の政策運営について述べた回顧録のようである。ダショーは2008年に評議会議員に選出され、すぐに副議長に選出。2013年の再選後は評議会議長を務められている。当然、2つの下院議員選挙で選ばれた政権与党の政権運営を、上院の立場で見てきた人なので、今年5月の引退後に回顧録のようなものを著されるのは、そりゃそうだろうと思える。

でも、このFacebook投稿に、2008年から2013年まで政権与党の座にあったDPTが、トブゲイ党首の前政権(PDP)を利するとして問題視し、冒頭で挙げた記事の他にも、ブータン選挙管理委員会(ECB)が記事削除を求めるなどの動きがあり、最初のうちは反論されていたダショーも、結局8日には記事を削除された。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『江戸開城』 [読書日記]

江戸開城 (新潮文庫)

江戸開城 (新潮文庫)

  • 作者: 海音寺 潮五郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1987/11/26
  • メディア: 文庫
内容紹介
革命の名の下に、血の犠牲を要求するため、官軍を率いて江戸に入った西郷隆盛。動揺する徳川慶喜と幕閣の向背に抗し和平の道を模索する勝海舟。両巨頭が対峙した歴史的二日間は、その後の日本を決定づける。幕末動乱の頂点で実現した史上最高の名場面の、千両役者どうしの息詰まるやりとりを巨匠が浮かび上がらせる。奇跡の江戸無血開城とその舞台裏を描く、傑作長編。

NHK大河ドラマ『西郷どん』は、16日放送回が「龍馬暗殺」なんだそうだ。僕は一時帰国中に第1回を見たっきりで、その後の進展については全く知らない。でも、先月離任されたJICAの専門家の方から最後の最後にいただいたのが、西郷と勝海舟、山岡鉄舟らを描いた海音寺潮五郎の『江戸開城』だった。僕は海音寺潮五郎といったら、このブログを開設するよりもずっと昔に読んだ平将門主人公の作品しか記憶にないので、そもそも鹿児島出身のこの作家が、西郷隆盛を主人公にした小説や史伝を多く発表されていること自体を全く知らなかった。なにせ僕が海音寺潮五郎という名を知ったのは、同じNHK大河ドラマ『風と雲と虹と』(1976年)であった。だから、海音寺というと僕にとっては「平将門」だった。

それはそうと、僕が大河ドラマのフォロワーかどうかはともかく、本書は面白かった。時期としては、大政奉還、王政復古、鳥羽・伏見の戦い等が起こった後、徳川慶喜が鳥羽・伏見敗戦から海路江戸に逃げ帰り、朝廷に対して恭順の姿勢を見せ始めた頃からの話で、その後江戸城引渡しに納得しなかった幕府派の浪人が結成して新政府軍に抵抗を企てた彰義隊が、新政府軍に敗れて江戸から撤退するまでの話となっている。ちょうど、これから大河ドラマが描いていく部分だろう。なんとなくの予想では、西郷・勝の面談から無血開城、彰義隊撲滅までの3カ月ほどの話は1話か2話で一気に走るような気はする。その中での西郷や勝の駆け引きはある程度は端折られるのではないかと思う。

そこを、当時の書簡や関係者の日記、回顧録等を丁寧に調べ、著者なりの仮説を設けて描いている。著者のライフワークともいえる(らしい)西郷隆盛の人となりだけでなく、勝海舟や山岡鉄舟といった幕府方の人物もクローズアップされ、特に勝海舟については定説とは異なる評価を下している。(勝は徳川慶喜とはそりが合わなかったと言われているが、生涯を通じて徳川家の地位確保に奔走したと著者は評している。)新政府軍側も、大河ドラマでも出てくる海江田武次とか大村益次郎とかの人物像に、本書はよく切り込んで描いている。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

ソトコト2018年9月号「地域のアートと音楽フェスティバル・ガイド」 [読書日記]

SOTOKOTO(ソトコト) 2018年9月号[地域のアートと音楽フェスティバル・ガイド]

SOTOKOTO(ソトコト) 2018年9月号[地域のアートと音楽フェスティバル・ガイド]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 木楽舎
  • 発売日: 2018/08/04
  • メディア: 雑誌
内容紹介
【特集】地域のアートと音楽フェスティバル・ガイド
人を呼び込み、一緒に地域を盛り上げていく!
人が集まる場所の筆頭が、各地で開かれているアートと音楽のフェスティバル。
趣向を凝らして、ローカルの特性を活かして、それぞれが個性豊かです。
フェスティバルが始まる経緯は、ひょんなことだったり、熱い思いだったり。
誰かが行動を起こし、共感した仲間が集まり、ムーブメントが広がる。
全国をにぎやかに、私たちを楽しませてくれるフェスティバルが大集合です!

この雑誌の10月号に僕の知り合いが関わった地域フェスティバルの話が載っていると聞き、読もうかと思ってソトコトのバックナンバーを見渡していたところ、それよりも面白そうな特集号に目が行き、それでそちらの方を先に読むことにしてしまった。

期待にたがわぬ面白さであった。それぞれのフェスの構想がどのようにして生まれ、そこからどのようにして関係者が巻き込まれていったのか、わりと丁寧に書き込まれていて、メッセージとしては「とにかく思い立ったらやってみろ」というのがどのフェスの場合も仕掛け人の皆さんが総じておっしゃっていることでもあると思った。

一方で、こういうフェスって、人口減少とはいってもそこそこ地域に人がいて、ある程度の移動性、移動手段がある日本だからできる部分もあるのではないかとも思った。やろうやろうと盛り上がれる、イベントの核になれる人が数名いて、そういう人々が集まって議論し合える場が元々あって、盛り上がった後も巻き込める地域の人がさらにいて、分業で様々なイベントを企画・遂行できる趣味の人、才能ある人がそこそこいる―――母集団がそこそこ大きい日本なら、こういうアプローチは可能だと言える。

ややひねくれたものの言い方になるが、これが総人口73万人のブータンの、さらに田舎であってもできるのかと考えると、大変だなと思う。そもそもそんな田舎に住んでおらず、ティンプー在住の僕が「とにかく思い立ったらやってみる」とはなかなか言えないことだ。それに、思い立って言い始めたはいいが、ここの人は言い出した人に丸投げする。「一緒にやろう」という盛り上がり方がなかなかできない。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

若者が地方にとどまる道 [ブータン]


初めて劇場公開されるブータンのドキュメンタリー映画!!急速な近代化に直面するブータンで、先祖代々1000年以上寺院を受け継いで来たある家族の物語。自分を男の子と思っている妹タシと、寺の継承問題に悩みながらもタシを見守る兄ゲンボ。近代化をテーマに、世代で異なる幸福論、家族の葛藤、兄妹愛を普遍的に描く。ブータンの今を感じる映画!!

現在、日本では、ブータンのドキュメンタリー映画『ゲンボとタシの夢みるブータン』(原題:The Next Guardian)が劇場公開中である。映画のFacebookを読んでいると、東京・東中野のポレポレ東中野での公開には、『未来国家ブータン』の著者・高野秀行氏とか、僕の知っている人もトークセッションで登壇されているらしい。結構なことだ。単身赴任中の僕も、東京の家族には見に行けと薦めた。
*映画HP:https://www.gembototashi.com/

実は会場で販売されているプログラムに、寄稿しないかと配給会社の人から頼まれて、5月頃に原稿を書いて先方に送付した。その後すったもんだがあって、結局土壇場で載せない決定が下されたらしい。僕が寄稿したのを知っていて、載るかもと期待して劇場に出かけてプログラムを購入したうちの家族はがっかりしたという。僕の拙い文章力にも問題があったのだろう。配給会社の人が扱いに困ってリライトされた原稿に僕が納得せず、それが土壇場での削除につながったのだと思う。

このまま闇に葬られるのももったいない。せっかくだから、何を書いたかぐらいは公にしておく。なお、ここで改めて強調しておきたいのは原稿削除の事実ではない。理由は書かないけど僕にも強情なところはあったと思うし、譲れないところでもあった。そんなことより、映画はご覧下さい。映画を見て、「聖地巡礼」の行き先の1つにしていただけたら嬉しいので。

◇◇◇◇

『ゲンボとタシの夢見るブータン』の舞台は、ブムタン県庁のあるジャカルの町から、チャムカル川左岸を上流に数キロさかのぼったあたりだ。2人がドリブルしながら坂の多い道路を歩いてサッカーの練習場所に向かうシーンでは、沿道にグル・リンポチェゆかりのクジェ・ラカンも映る。2人が川面を眺めるシーンは、ラカンからさらに上流のクジェ集落の吊り橋から近く、チャムカル川が大きく蛇行するポイントだ。ここも「聖地巡礼」の重要なスポットである。

このエリアには、日本の開発協力の舞台もいくつある。全国の農道建設と維持管理に奮闘する建設機械の維持管理の拠点であるCMU(中央機械ユニット)は、2000年代後半に派遣された日本人シニアボランティアの指導により、5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)の概念がブータンで最も根付いた施設となっている。建設機械も日本の協力で導入されたものが多い。今も青年海外協力隊員が活動中だ。

続きを読む


タグ:ブムタン
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『下町ロケット ゴースト』 [池井戸潤]

下町ロケット ゴースト

下町ロケット ゴースト

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/07/20
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
宇宙から人体へ。次なる部隊は大地。佃製作所の新たな戦いの幕が上がる。倒産の危機や幾多の困難を、社長の佃航平や社員たちの、熱き思いと諦めない姿勢で切り抜けてきた大田区の町工場「佃製作所」。高い技術に支えられ経営は安定していたかに思えたが、主力であるロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、大口取引先からの非情な通告、そして、番頭・殿村の父が倒れ、一気に危機に直面する。ある日、父の代わりに栃木で農作業する殿村のもとを訪れた佃。その光景を眺めているうちに、佃はひとつの秘策を見出だす。それは、意外な部品の開発だった。ノウハウを求めて伝手を探すうち、佃はベンチャー企業にたどり着く。彼らは佃にとって敵か味方か。大きな挫折を味わってもなお、前に進もうとする者たちの不屈の闘志とプライドが胸を打つ!大人気シリーズ第三弾!!

ドラマ『半沢直樹』の続編はなかなか描かれないのに、『下町ロケット』の続編は、ドラマ公開の少し前のタイミングで原作も世に出るという、お互いメリットがあるオイシイ戦略がうまくとられている。おかげで、ドラマ公開前に原作を読んじゃおうという流れが読者側にもでき、まんまとその戦略にハマっている自分を感じる。

『下町ロケット』シリーズ第三弾は、これだけ読んでも感想が書きづらい。ドラマTV公開まではまだ1カ月あり、しかも第三弾「ゴースト」は9月末に出る第四弾「ヤタガラス」とセットで読まないとドラマの先取りとならない。少なくとも、「ゴースト」の主役は佃製作所の面々というよりは、同社の新たな取引先となるベンチャー企業ギアゴースト社だと思う。佃製作所はギアゴースト社の苦境脱出に協力し、結果を残すところまでは描かれているが、本当の波乱は「ヤタガラス」をお読み下さいという感じで、幾つかの伏線は刈り取られずに終わっている。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

再読『山に生きる人びと』 [宮本常一]

山に生きる人びと (河出文庫)

山に生きる人びと (河出文庫)

  • 作者: 宮本 常一
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2011/11/05
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
山には「塩の道」もあれば「カッタイ道」もあり、サンカ、木地屋、マタギ、杣人、焼畑農業者、鉱山師、炭焼き、修験者、落人の末裔…さまざまな漂泊民が生活していた。ていねいなフィールドワークと真摯な研究で、失われゆくもうひとつの(非)常民の姿を記録する。宮本民俗学の代表作の初めての文庫化。

本書は、2012年2月以来の再読。その6年後の今年2月、わけあって『海に生きる人びと』を読んだが、それ以来の宮本常一である。今さら読みたくなったのは、ちょっと前にタシヤンツェの木地工について取り上げる記事を書いたのがきっかけ。そういえば、今これだけの山岳国にいるのに、山の人々の暮らしを見るためのものさしがない。日本の「山の民」ってどんな暮らしをしていたのか、どこから来てそこに住み着いたのか、あるいは住み着かずに移動する民なのか、どんなものが山の民の道を辿って交易されたのか等、日本のことを改めて学び直しておこうと考えた次第。

それでいい復習になったかというと、ちょっとはなった。例えば、なんでブータンの農村の民家は点在しているのかという素朴な疑問。日本の平野部育ちの僕には、民家が集まって集落が形成され、その周辺に田畑が展開しているというのが一般的な姿だった。勿論ブータンの農村部にも集落もあることはあるが、一方で急斜面に張り付いて農地が開けているようなところでは、意外と民家は相互に離れて形成されている。山間地での集落形成のプロセスを考えてみる上で、日本の山間地はどうだったのかを知っておくのは重要なことだが、逆に日本がどうだったのかを先に知っておくと、山間地の住民生活をもう少し立体的に捉えられるようになれるかもしれない。今さらだけれど、ブータンを見る眼をリフレッシュするにはこういう本もたまに読むのはいい。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

世界一過酷なバイクレース [ブータン]

アーロン・ベヤードが優勝
Aaron Bayard wins Tour of the Dragon
Kuensel、2018年9月3日、Nima記者
http://www.kuenselonline.com/aaron-bayard-wins-tour-of-the-dragon/

2018-9-1 TOD1.jpg
【ポイント】
第9回ツアー・オブ・ザ・ドラゴンは、9月1日、ブムタン~ティンプー間268kmのコースで開催され、米国人ライダー、アーロン・ベヤードが、11時間11分という、2015年以降の最高記録で優勝。2位のブータン人ライダー、ノルブの走破タイムは12時間3分で、アーロンは2位に50分もの大差を付けての優勝となった。

ブムタンを午前2時に出発した48人のライダーは、米国人7人、インド人6人、英国人4人等が含まれる。

一方、プナカを午前11時に出発してティンプーまでの60kmで競われるドラゴン・フュリー・レースも同日開催。成人35人、ジュニア26人が参加したこのレースでは、成人の部ではオーストラリアのジョナサン・レドマン、女子の部ではブータンのチミ・デマ選手がそれぞれ連覇を果たした。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ